新婚だけどベッドを別にするのはおかしい?今後の関係に影響する? | 毎日お役立ち情報ステーション

新婚だけどベッドを別にするのはおかしい?今後の関係に影響する?

生活
スポンサーリンク

人生で一番楽しい時期は新婚かもしれません。

新婚生活を控えている人では、愛するパートナーとの新しい生活にドキドキしつつもワクワクという人も多いでしょう。

そして、ダブルベッドで一緒にねるのが新婚生活、なんてイメージも強くあるのではないでしょうか。

 

しかし、神経質な人だと、相手の寝返りの振動で起きてしまう。誰かと一緒の布団だと気になって眠れない、という人もいます。

はたまた、お互いの布団の好みが違うから、一緒の布団は使えない、なんてこともあるでしょう。

 

新婚だけどベッドを別にしたいと思うのはおかしいのでしょうか?

またこれって今後の生活にも影響をするのでしょうか?

ここでは、そんな新婚でのベッドについて解説をしていきます!

新婚でもベッドが別はあり!

新婚ですが、ベッドが別はありなのでしょうか?

結論から言えば、全然ありです。

昔では新婚だったらダブルベッドで一緒に寝るのが一般的だったかもしれませんが、最近はそんなことはありません。

新婚でもお互いが働いていることが多く、生活にズレがある場合は、ベッドは別でお互いに寝室があったほうがうまくいくということもあります。

実際、筆者の場合は新婚からベッドが別で寝室も別です。

理由としては筆者のいびきがうるさいからなのですが、これは自分も納得をしているので、しょうがないです。

変に我慢をしてストレスになったり、安眠の邪魔をするよりは、言ってもらったほうが良いですし、ベッドが別でも問題なく生活もしていますよ!

新婚生活において、相手を尊重することは大切です。

もしかしたら、自分は一緒のベッドで寝るつもりでもパートナーはベッドが別だったり、寝室を別にしたいと思うかもしれません。

新婚早々ですれ違いが起きないようにするためにも、新婚生活の前に確認をしておくようにしましょう。

ダブルベッドよりシングルベッド2つのほうが寝やすい

新婚でダブルベッドで一緒に寝るよりも、シングルベッド2つの方が単純に寝やすいというのもあります。

シングルベッド2つの場合は、以下のようなメリットがあります。

スペースを確保しやすい

シングルベッド2つの場合、ダブルベッドよりもスペースが広く、スペースを確保しやすいです。

またシングルベッドも自分の体格に合わせたものを選ぶことができるので、体に合ったベッドを選ぶことができます。

寝相がひどい場合などはダブルベッドだと、パートナーに迷惑をかけてしまうこともありますよね。

そんな時でもシングルベッドだと自分のスペースを確保することができるので、迷惑をかけることもありません。

自分に合ったマットレスを選ぶことができる

寝具にこだわっている人は多いですよね。

特にマットレスは睡眠の質を左右する重要なアイテムであり、こだわっている人も多いでしょう。

シングルベッド2つでしたら、自分に合うマットレスを選ぶことができるため、睡眠の質を高めることができます。

スペースの応用が効く

シングルベッド2つの場合はスペースの応用が効きます。

うまくスペースを節約しておくことができますし、シングルベッドを連結して広くすることも可能です。

また今後子供ができた場合など、さらにベッドを繋げて拡張することも可能です。

引っ越しが楽

シングルベッドの場合は引っ越しも楽です。

ダブルベッドの場合は部屋に入れることが難しいことが多く、一度分解して部屋の中に入れなければなりません。

またその組み立てもとても一人では大変です。

ただシングルベッドの場合は、一人でも組み立てが可能であり、そのまま部屋に入れることも可能です。

このようにシングルベッド2つの場合のメリットは多いです。

もちろん夫婦でダブルベッドで寝たいという気持ちはわかりますし、お互いが納得しているのならダブルベッドで全く問題はありません。

ただ、選択肢の中でシングルベッドでもありということは意識しておきましょう。

またフレームはダブルベッドでマットレスはシングルを2つにする、という方法でもいいのではないでしょうか。

まとめ

新婚生活でベッドが別でも問題はありません。

快適な睡眠を確保できないと、それこそ寝不足でイライラして二人の仲が悪くなってしまいそうですよね。

 

夫婦生活では相手を尊重することが大切です。

なので、様々な理由でベッドが別がいいと考えるのなら、そうした方が夫婦生活はうまくいくでしょう。

またベッドは別の場合、シングルベッドを2つにすることでメリットも大きくなります。

新婚生活の前に、ベッドについては話し合っておくことで、納得した新婚生活を始めるようにしてくださいね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました