キャンドゥのコーヒーミルの使い方や洗い方は?分解しても大丈夫?空回りや削れないときのお手入れは? | 毎日お役立ち情報ステーション

キャンドゥのコーヒーミルの使い方や洗い方は?分解しても大丈夫?空回りや削れないときのお手入れは?

スポンサーリンク

豆を引いてコーヒーの粉を作ることができるコーヒーミルが、100円ショップのキャンドゥやDAISOで売られるようになり人気となっています。

100円ショップってこれも100円なの!?という商品はたくさんありますが、いっぽうで本当に100円で大丈夫なの?すぐ壊れたりしないの?

ともやっぱり思いますよね。

ここではそんなコーヒーミルでキャンドゥのものも使い方や洗い方について、解説をしていきたいと思います。

キャンドゥ コーヒーミルの使い方は?

実は、コーヒーミルはキャンドゥでは500円商品となっています。

100円の商品しかないと思いきや、今は100円以外の商品も販売されるようになりました。

「なんだ、100円じゃないのか…」とも思いますが、500円でも安いですし、100円ではない分、すぐにダメになることはなさそう、とも思えます。

ちなみに同じく100円ショップの大手であるDAISOでも同じく500円商品として、コーヒーミルが売られています。

さて、キャンドゥのコーヒーミルですが、使い方は簡単です。

缶コーヒーよりひとまわりほど大きく、上部にコーヒー豆をセットするスペースがあります。

黒いフタをスライドすると穴が開いてるので、そこに好きなコーヒー豆を入れて、あとは付属のハンドルを回すだけです。

ハンドルにはコーヒーを挽く粗さの調節できるダイヤルもついてますので、自分の好きな粗さに調節できるのが嬉しいですね。

お好きなコーヒー豆をゴリゴリと挽いたら、下部にコーヒーの粉がたまります。それをコーヒーフィルターの中に入れて、お湯でドリップするだけです。

挽きたてのコーヒーは香りが強く出るので、より一層コーヒーの美味しさを味わうことができます。

見た目もステンレスのシンプルなデザインとなっており、とても500円には見えない高級感があります。

お部屋のインテリアとしても良いので、ぜひキャンドゥのコーヒーミルを使って優雅な朝を過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

キャンドゥコーヒーミルの洗い方・お手入れの方法

洗い方は簡単なのかというと、結論から言えば簡単です。

コーヒーを挽く以上、粉末がパーツの隙間に挟まってしまうと、挽きが悪くなってしまうので、定期的に洗浄をするようにしましょう。外箱にはお手入れの方法が書いています。

その際ですが、コーヒーミルを分解するとより簡単に洗浄をすることができます。

キャンドゥのコーヒーミルの上部についているコーヒー豆を挽く粗さ調節ダイヤルを反時計回りに回すと外れます。

ハンドル部分も簡単に分解することができます。

分解したあと

簡単な作りになっているので、分解した後もとに戻すのも簡単にできます。

この状態で刃や隙間についたコーヒー豆のカスをブラシなどで払いましょう。

その後、水で薄めた中性洗剤に浸けおき洗いをしましょう。

私は臼部分がすっぽり入るボウルなどにつけおきしておきましました。

水の中で何度かゆするとコーヒー豆のカスが取れますよ。

この後は十分にすすいで完全に乾燥するまで乾かしましょう。

粗さが違うコーヒー豆や、古くなったコーヒー豆が混ざると雑味が増えてしまうので、定期的にお手入れをしましょう。

特に違う種類のコーヒー豆を使うときはコーヒー豆の味が混ざると雑味が増えるので必ず洗いましょう。

ちなみに違うコーヒー豆を試してみようかなと思っている方は珈琲きゃろっと がおすすめです。

数々のグランプリを獲得した焙煎人が選別したコーヒー豆を購入することができます。コーヒー豆でもコーヒーの味がかなり変わるので、おいしいコーヒーを飲みたいという人におすすめです。

キャンドゥ コーヒーミルの分解は上部まで

荒さ調整ネジとハンドル、フタをとると、臼と外側の筒が小さいネジで止められています。ここのネジを取って分解してまでお手入れするのはやめたほうがよさそうです。

実際にここまでパーツを分解することができました。

さらに分解してみた

ここまで分解すると臼がしっかり洗えてよさそうですが、再度セットし直した後に、コーヒー豆が引けなくなりました。がーーん。

おそらく部品がしっかりはまらなかったんだと思います。

そして結局は臼部分までは分解できないので、外箱に書いてあるようにつけおき洗いということになりますね。

スポンサーリンク

キャンドゥ コーヒーミルが空回りしてひけないときは?

手動のコーヒーミルはしばらく使っていると空回りしてコーヒー豆がひけなくなることがあります。

ほとんどの原因は、コーヒー豆の粉が臼歯の隙間に入り込んでしまっていることです。

コーヒーミルを分解して、ブラシのようなもので粉を落とすように掃除をしてみてください。

それでも空回りが解決しない場合は、臼歯部分が磨耗している可能性があります。キャンドゥのコーヒーミルの臼部分だけの交換は当然できないので、新しいコーヒーミルを購入しましょう。

コーヒーミルを掃除する専用ブラシがありますが、そこまで本格的なものでなくても、化粧用のブラシやペイント用の小さなブラシでも代用できます。

100均にもありますので、一緒に購入しておくといいですね。

ちなみに本格的なミルブラシは下記ようなものがあります。

定期的に掃除をすることは長く使えることにもつながるのでめんどくさがらずに掃除をしておきましょう。

スポンサーリンク

キャンドゥ コーヒーミルが削れないときは?

通常手動のコーヒーミルには粒度の調整ネジがあります。

キャンドゥのコーヒーミルに粒度調整ダイヤルがついており、使っていると徐々に緩んでいることがあります。

そのダイヤルが緩んでいないかをまずは確認してみてください。

その点が問題ないのであれば、臼歯が磨耗しているか、部品がうまくはまっていない可能性があります。

キャンドゥコーヒーミルの臼の部分だけ交換することはできないので、新たにコーヒーミルを購入するしかなさそうです。

今度はしっかりとしたコーヒーミルを使いたいというのであれば、コーヒーメーカーで有名なハリオのコーヒーミルがおすすめです。

お手頃価格で、臼の部分までしっかり分解して洗えます。

アウトドアに持っていくことを考えているなら、コンパクトに収納でき、落としても壊れない耐久性もあるコーヒーミルがいいです。

ポーレックスのコーヒーミルならハンドル部分が外れるので、コンパクトに持ち運びできます。

コーヒー豆を挽くことでリフレッシュになる、という人もいるでしょう。しかし、意外と手動でコーヒー豆を挽くのは疲れます。

そんなときは電動のコーヒーミル。KYGの電動コーヒーミルがおすすめです。一度挽きたてのコーヒー豆を味わってしまうとインスタントコーヒーに戻れないですよね。

こちらもお手頃価格ですし、ワンタッチでコーヒー豆が挽けます。意外とコーヒー豆を挽くって力が要りますよね。

忙しい朝だとコーヒー豆を挽く余裕もない。でも挽きたてのコーヒーとインスタントコーヒーでは全然味が違うし、引き立てコーヒーを飲みたい!というなら電動です。

やっぱり挽きたてのコーヒーが朝から飲めるなんて気分がいいですよね。

スポンサーリンク

キャンドゥコーヒーミルのスペックは?

ちなみにキャンドゥのコーヒーミルはこのようなスペックになっています。

材質ダイヤル:ABS樹脂
ハンドル:鉄、ABS樹脂
ねじ部:ABS樹脂
蓋:ABS樹脂(黒)、AS樹脂(透明)
本体:ABS樹脂、ステンレス鋼、セラミック
カップ:AS樹脂
サイズ直径6cm×高さ15.3cm(実測値)
重量256g(実測値)

見た目はステンレスですが、パーツは樹脂なので軽いですがそのあたりが少し安っぽく感じますが、臼はセラミックなので、一般的なコーヒーミルとなんら遜色はありません。

コーヒーミルは、通常であれば安いものでも通常は2000円以上はします。そんなコーヒーミルがキャンドゥで500円で手に入るのは驚きです。

ご家庭で使うのも良いですが、キャンプやアウトドアで使うのもおしゃれですね。

キャンプの爽やかな朝にコーヒーミルで挽いた豆で飲む朝のコーヒーは、別格の味がするでしょう。

人気商品となっているので、もし見つけたらすぐにゲットするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

キャンドゥコーヒーミルが売ってない?

キャンドゥコーヒーミルは一時期かなり人気だったため店舗で売ってないという状況が続いていました。

いまでもなかなか出会わないので、廃盤になった?と思う人もいるようですが、現在でも取り扱いはあります。

ただ一部の店舗でしか取り扱いが内容で、店舗によっては取り扱いがないようです。

わたしが住んでいる周辺では、少し遠くにある大きめのキャンドゥでしか取り扱いがありませんでしたが、近くの少し小さめのキャンドゥでも取り扱いされるようになりました。

どこを探しても売ってない!という方はキャンドゥサイトのお問い合わせフォームから問い合わせてみてください。

ご自身の周辺の取り扱い店舗を案内してくれますよ。

このような形でメールで返信いただけました。

スポンサーリンク

キャンドゥコーヒーミルはどこに売ってる?

キャンドゥコーヒーミルはキッチン用品やアウトドア用品などがまとまっているコーナーにあることが多いです。

私の場合は、キッチン用品コーナーの棚ではなく、注目用品?を置くところにあり、棚ばかりを見ていたので気づくのに数分かかりました。

やっぱり在庫がないのかな?と思い帰るところでしたので、危なかったです。

まとめ:500円の格安で買えて本格的!

100均の中でも500円商品となっていますが、逆に500円だからこそ、クオリティも高く、それ以上の高級感を感じます。

使い方も簡単であり、すぐに挽きたてのコーヒーを味わうこともできます。

分解も楽にできるので、残ったコーヒー豆を綺麗に洗浄もできます。ただし、一度引けなくなってしまうとそれ以上使うことはできないので、その場合は買い替えしかなさそうです。

とはいえ500円でコーヒーミルが買えるのはとても魅力的です。きちんとお手入れをして快適に使っていきたいですね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました