カーペットをコインランドリーで失敗しない洗い方!乾燥機の時間、料金、手洗いとの違いは?硬い、滑り止めがあるものはどうする? | 毎日お役立ち情報ステーション

カーペットをコインランドリーで失敗しない洗い方!乾燥機の時間、料金、手洗いとの違いは?硬い、滑り止めがあるものはどうする?

カーペット 生活
スポンサーリンク

カーペットは1年中敷いていて、毎日汗をかいた足で歩いたり、ペットが寝転んだり。

子供がいると食べ物飲み物をこぼしたりするのは日常茶飯事。

毎日掃除機をかけていても、見えない汚れが蓄積されているのはわかりきっていますよね。

しかし、けっこう大きな洗濯ものになるので、自宅と洗うとなると大変。

そんなときに駆け込むと便利なのがコインランドリーです。

実はコインランドリーでカーペットは洗えます。

しかし、しっかり注意点を知っておかないと失敗します。

ここでは、カーペットをコインランドリーで失敗しない洗い方をご紹介します。

カーペットをコインランドリーで洗って失敗する理由

カーペットをコインランドリーで洗うと失敗する原因は3つあります。

  • 洗濯タグの表示を確認しない
  • 素材を確認しない
  • サイズを確認しない

洗濯タグの表示を確認しない

カーペットやラグにも服と同様、洗濯タグがついています。

この洗濯タグに水洗いOKのマークと短ブル乾燥OKのマークがあればコインランドリーで洗うことができます。

水洗いOKのマークはこちらのマークです。

一番右下の「家庭での洗濯禁止」マークがあれば、コインランドリーで洗うことはできないので、クリーニングにおまかせしましょう。

また短ブル乾燥OKかどうかのマークはこちらです。

一番下のタンブル乾燥禁止マークがあると乾燥機が使えないので、コインラインドリーで乾燥機を使うことができません。

素材を確認しない

洗濯表示がない場合は、素材を確認します。

ウールやシルク、ギャベなどの天然素材を使用しているカーペットはコインランドリーで洗濯するのは避けましょう。

また裏地にゴムがついていたり、カーペットの構造の一部にゴムが使われている場合は、ゴムが高熱で弱くなる可能性があるため、乾燥機は使わないほうがいいでしょう。

サイズを確認しない

コインラインドリーには家庭用洗濯機にはない大型サイズの洗濯機があるので、カーペットも洗うことができます。

しかしカーペットのサイズと近くのコインランドリーの洗濯機のサイズを確認しておかないと、無理やり洗濯して壊れてしまったり、持って行ったのに洗濯機に入らなかった…という羽目にあいます。

一般的に、洗濯量の上限が15Kgの洗濯機は3畳、22Kgであれば6畳のカーペットを洗うことが可能です。

それ以上の大きさのカーペットや洗濯機がない場合は、残念ながらコインランドリーで洗濯ができないので、クリーニング店にお願いするようにしましょう。

洗濯機に入ったからと無理やり洗濯すると、洗濯機の故障やカーペットの破損につながります。しっかりサイズ確認をして利用しましょう。

カーペットのコインランドリーでの洗い方

カーペットのコインランドリーでの洗い方は、ほかの洗濯物と変わりません。

洗濯機に入れて、洗剤を入れ、終わったら乾燥機に入れるだけです。

しかし、それぞれの工程でポイントがあります。

事前に掃除機をかけておく

足の長いラグやカーペットだと隙間にほこりや食べかすが付着しているので、洗う前に掃除機をかけたり、はたいたりして汚れを落としておきましょう。

水を含むとべっとりくっつく汚れになってしまったりすると、せっかくの洗濯が台無しになってしまいます。

屏風折にしていれる

洗濯機に入れる際に、カーペットは屏風折にしていれましょう。表面を外側にして、山折り谷折りを繰り返し、くるくる丸めます。そうすることで、表面の汚れが落ちやすくなります。

カーペットを入れられるネットがあれば、入れたほうがいいです。洗濯機の中でカーペットが広がると洗濯機がうまく回らなくなったりするので、広がりが気になるようであれば、ひもなどで縛っていれるのもおすすめです。

洗濯機にぎゅうぎゅうに入れない

折りたたんだカーペットを洗濯機に入れた際に、すこし余裕があるくらいにしておきましょう。

洗濯機ギリギリにいれてしまうと、洗濯機の故障の原因やカーペットの汚れが十分に落ちない原因にもなります。

ケチってカーペットより小さいサイズの洗濯機にするのはやめてくださいね。

カーペットのコインランドリーでの乾燥機の時間は?

カーペットをコインランドリーの乾燥機にかける時間は、おおよそ40分から60分くらいです。

ただし、カーペットの素材や大きさ、厚みによって違うので、ときどき様子を見て、かけるといいでしょう。

また素材によっては高温乾燥NGのものもあるので、洗濯マークを確認して、乾燥の温度を気をつけましょう。

カーペットをコインランドリーで洗う料金は?

コインランドリーにもよりますが、中型洗濯機で1時間800円、大型洗濯機で1,200円ほどです。

乾燥機のみは中型で10分100円、大容量で7~8分で100円くらいが相場です。

サイズが小さいカーペットであれば、洗濯から乾燥まで約1200円~1500円ほどでおさまりそうです。

カーペットの手洗いの方法

洗濯がOKで洗濯機に入るサイズであれば、自宅の洗濯機で洗っても大丈夫です。

自宅の洗濯機のサイズは難しい場合は、お風呂で手洗いしましょう。

カーペットをお風呂で手洗い

浴槽の中に水をため、洗濯用洗剤を溶かします。

上述した屏風折にしたカーペットを浴槽に入れ、足で踏んで洗いましょう。

この際に40℃くらいのぬるめのお湯にすると汚れが落ちやすくなります。

汚れがある程度落ちたら、すすぎ洗いも同じように足踏みして洗います。

しっかりすすぎ終わったら、よく踏んで脱水します。

干す際は陰干しでしっかり干しましょう。M字型やA字型にして風通しがよくなるような干し方にしましょう。

乾燥があまいとカビが生える原因になるので、しっかりと乾燥させましょう。

硬い、滑り止めがあるカーペットはどうする?

硬くて折りたためない、ゴムなどの滑り止めがついているカーペットは、コインランドリーでの洗濯は難しいです。

硬いカーペットはそもそも洗濯機に入らないので、洗濯ができません。

滑り止めはだいたいがゴム素材で、ゴムは熱に弱いため、乾燥機を使用すると変形してしまう可能性があります。洗濯だけコインランドリーを使用するのでもいいですが、水を含んだカーペットはかなり重いので、運ぶのが大変です。自宅で洗濯から乾燥まで行う、もしくはクリーニング店に出すほうがいいでしょう。

まとめ

カーペットはコインランドリーでも洗えますが、洗濯マークをしっかり確認して注意点をしっかり守ることで失敗しません。

とりあえず大丈夫だろうと軽い気持ちでコインランドリーで洗ってしまうとカーペットがボロボロになってしまう可能性があります。

それがお気に入りのカーペットだったら、めちゃくちゃ悲しいですよね。

そんなことにならないように、しっかり確認してきれいになったカーペットで快適に過ごしましょう。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました