しじみの砂抜きはスーパーで購入しても必須! 失敗しないしじみの砂抜きの方法 | 毎日お役立ち情報ステーション

しじみの砂抜きはスーパーで購入しても必須! 失敗しないしじみの砂抜きの方法

生活
スポンサーリンク

スーパーで購入するものって、そのまま食べられるようにしてくれているんじゃないかって思いますよね。

しじみもそうなのかなって思いますが、本当にそのまま良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

中には砂抜き済みなんて表示されている物もあったりしますが、

美味しく食べるためにスーパーでしじみを購入した際には砂抜きは必須です。

また砂抜き済みのしじみでも、貝殻や、殻と身の間に砂が残っていることが多いです。

楽しい食卓で「じゃりっ!」とした触感を味わいたくはないですよね?

砂抜きのひと手間で、もっと美味しいしじみに変えることが出来る方法をご紹介します。

 

スーパーで購入しても家庭で3時間から1晩は砂抜きしよう!

しじみは体内に砂を持っているわけではなく、呼吸や換水をするときに、砂が入り込んだり、砂に潜る時に砂が入り込み表面についてしまいます。

 

砂抜きとは、しじみに呼吸をさせて表面の砂を少しずつ外に吐き出すことになります。

時間はかかりますが、美味しく食べるためには大事な下処理です。

 

スーパーで購入したしじみでも砂抜きは必要です。

しじみは3時間〜6時間かけて、ゆっくり砂抜きすると確実です。

 

また、砂抜き済という表示があっても、貝殻と身の間に砂が残っている場合があるので、30分〜1時間は砂抜きしましょう。

美味しいしじみを食べられるよう、今回は失敗しない砂抜きの方法を説明します。

 

 

<必要なもの>

バットなど平たい容器 ザル

水‥1リットル

塩‥10g(小さじ2)

しじみ‥適量

新聞紙

 

①海水を作る

塩分濃度が1%の海水を作る。真水でもできますが、海水の方がしじみが浸透圧で体を合わせようとする時に、旨み成分(コハク酸、アラニン)を作るのでより美味しいしじみに出来ます。

 

②しじみを洗う

流水で優しくこすり合わせるように洗いましょう。

洗っていると黒いものが出て来ますが、殻のエナメル質なので食べても大丈夫です。

いつまで洗ってもキリがないのである程度洗ったらOKです!

 

③しじみを重ならないように置く

平たい容器にしじみを重ならないように置いていきます。

ザルで浮かせて吐き出した砂を再び吸い込まないようにします。

 

この時しじみが重なっていると、上の貝が吐き出した砂を下の貝が吸ってしまいますし、密集していると酸素が足りなくて砂を吐きにくくなるので気をつけてください。

 

④少ししじみの頭が出るくらいに水を入れる

頭が少し出るくらいに水を入れてやると、空気中から酸素を取り込んで呼吸がしやすくなります。

 

⑤暗闇に置く

新聞紙を表面にかけて数時間置いておきます。

貝は暗い方がよく砂を吐き出します。また水を吐き出すので、周りに飛ばないように新聞紙をかけておくと水を吸ってくれます。

 

気温は低すぎると砂を吐かなくなりますが、夏は室温が高いので冷蔵庫に入れたほうが安心です。

 

しじみの砂抜きで開かないものは死んでる?

しじみは砂抜きで口の開かないのは生きているからです。

しじみのような二枚貝は呼吸をするとき、僅かに口を開けています。

開いていないのは呼吸をしていないだけです。

むしろ死んでいたり、仮死状態だと半開きの状態でずっと口を開けています。

 

しかし、死んでいても口を開けないしじみもいます。

砂の吸いすぎで呼吸がしにくくなり開けれない状態になっている時です。

 

開いていないから生きてる、とは限らないので、

すごく紛らわしいですね。

 

そこで、1番確実な判断方法は、しっかり砂抜きした後に加熱することです!

死んでいたり、砂抜きがたりないしじみは開かないので取り除いてしまえば、美味しくしじみが食べれますよ!

 

まとめ:スーパーで購入しても必ず砂抜きしよう!

スーパーに売っているしじみは、そのままでも使えるのか迷いますよね。

特に「砂抜き済み」なんて書いてあるとすぐに使えるだろうとおもってしまいますが、少しのひと手間で、砂のないしじみにできます。

おいしい食卓にするためにも、そのひと手間を惜しまずに砂抜きをしましょう。

 

関連記事:しじみを砂抜きしないで冷凍したけど砂抜きができる方法をご紹介!

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました