掛け布団をコインランドリーで失敗しない洗い方は?乾燥時間や料金、何キロまでネットは必要?乾燥のみでもOK?カバーはずして洗濯 | 毎日お役立ち情報ステーション

掛け布団をコインランドリーで失敗しない洗い方は?乾燥時間や料金、何キロまでネットは必要?乾燥のみでもOK?カバーはずして洗濯

生活
スポンサーリンク

毎日使っている掛け布団。洗濯したいけど、クリーニングは高いし日数がかかる、という方にはコインランドリーでの洗濯がおすすめです。

しかし、掛け布団をコインランドリーで洗濯して大丈夫なの?失敗しない?と不安な方もいるでしょう。

掛け布団をコインランドリーで洗濯して失敗する原因は、

  • 洗濯表示を確認しない
  • 素材を確認しない
  • 正しい洗い方をしていない

といったことにあります。

どんな掛け布団でもOKというわけではなく、しっかり確認をしないと失敗してしまいます。

この記事では、掛け布団をコインランドリーで洗濯したら失敗する原因と正しい洗い方について解説します。

掛け布団をコインランドリーで失敗しない洗い方

掛け布団をコインランドリーで洗濯して失敗する原因は、

  • 洗濯マークを確認しない
  • 素材を確認しない
  • ほころびがある
  • 正しい洗い方で洗濯しない

ということがあげられます。

とりあえず洗濯したいからえいやっとやってしまうと後悔することになります。失敗すると、その日に使う掛け布団がなくなってしまうので、急遽買いに行かないといけない、という手間も発生してしまいます。

しっかり失敗しない洗い方を知りましょう。

洗濯マークの確認

掛け布団についている洗濯マークを確認しましょう。水洗いOKのマークがついていれば、コインランドリーで洗うことができます。

布団の素材や中綿の種類によっては水洗い不可のものもあるので、しっかり確認しましょう。

水洗いOKのマークは下記です。

素材の確認

布団の素材でコインランドリーで洗濯できるものは、

  • 羽毛(なるべくキルティング加工のもの)
  • ポリエステル

この2つしか洗うことができません。

羽毛もキルティング加工されたものしかコインランドリーで洗濯することができません。

ただし、キルティング加工されていなくてもひもで縛ることで対応することは可能です。

羊毛や真綿などはコインランドリーで洗濯できないので、やめましょう。無理に洗濯していしまうと、羊毛は縮み、綿は偏って固まってしまいます。

かなり前に購入した掛け布団だと洗濯マークが薄れてわからない、素材もわからない、ということもあると思います。

その場合は、どうなるかわからないので、クリーニングにおまかせしたほうが安心ですよ。

また和布団もおすすめできません。

ほころびや穴がないか確認

羽毛布団でキルティング加工されている部分にほころびや穴があると、洗濯でやぶれてしまい、羽毛が外に飛び出してしまう可能性があります。

そうなるとコインラインドリー内でも大変なことになるし、布団はもう使い物になりません。

洗濯する前にしっかり確認しましょう。

正しい洗い方をする

掛け布団は大きい洗濯物なので、大型洗濯機を使うことになりますが、その際に洗濯機が9割がたうまるくらいのサイズのものを選びましょう。

通常の洗濯物は洗濯機の7~8割がたが埋まるくらいの余裕があったほうがいいですが、布団は余裕がありすぎると型崩れの原因などになってしまいます。

掛け布団のサイズに合わせた洗濯機を選択するようにしましょう。

またぐちゃぐちゃにしたまま洗濯機に押し込むのはNG。

縦にぐるぐる巻きにし、小さくコンパクトに折りたたんでから洗濯機に入れるようにしましょう。

乾燥時間は何分?温度はどうする?

掛け布団が完全に乾くまでは約40~60分くらいを目安にするといいでしょう。

羽毛布団は洗濯直後は水をすってぺちゃんこになっていますが、乾燥するとふくらみます。それを考慮して少し大きめの乾燥機を使いましょう。

また高温だと羽毛にダメージを与える可能性があるので、高温乾燥は避けたほうがいいでしょう。中身だけでなく側生地の素材によっては高温に弱い素材もあるので、しっかり確認しましょう。

掛け布団をコインランドリーで洗う料金は?

コインランドリーにもよりますが、中型洗濯機で1時間800円、大型洗濯機で1,200円ほどです。乾燥機のみは中型で10分100円、大容量で7~8分で100円くらいが相場です。

シングルの掛け布団1枚ではだいたい1500円~2000円ほどかかります。

掛け布団は何キロの洗濯機?

一般的なシングルサイズなら12~15Kgの洗濯機サイズがいいでしょう。

洗濯ネットは必要?

掛け布団をコインラインドリーで洗濯するときは洗濯ネットに入れたほういいでしょう。

乾燥のときは洗濯ネットからは取り出し、そのまま乾燥機に入れましょう。洗濯ネットにいれたまま乾燥させると、中までしっかり温風が行き届かず、乾きづらくなってしまいます。

100円ショップなどで布団用ネットは売っていますので、事前に準備しておきましょう。

乾燥のみコインランドリーでもOK?

乾燥機のみコインランドリーを利用してももちろん大丈夫です。

自宅で干すと時間がかかりますし、太陽光だけではダニを全滅させることができないので、ダニ対策としても温度の高い乾燥機を使用することは有効です。

しかし水を含んだ布団はかなり重いです。水が垂れないように気をつける必要もあるので、洗濯からコインランドリーを使用したほうが楽ではあると思います。

布団カバーは外して洗濯する?

掛け布団をコインランドリー選択する場合は、布団カバーは外してください。

布団カバーをはずすのが面倒だから、そのまま一緒に洗ってもいいのでは?と思うかもしれませんが、布団カバーの内側にもごみやほこりがたまっています。

また掛け布団の汚れも落ちにくくなりますので、洗濯する前に必ずはずしておくようにしましょう。

掛け布団をクリーニングにだす料金は?

掛け布団をクリーニングに出すと、ひとつにつき3000円~6000円ほどかかります。日数もかかるので、お客用布団であれば問題ないけど、普段使っている布団だと難しいですよね。

掛け布団が必要なくなる夏に出す、ということでもいいかもしれませんが、やはり使っている間に何回かは洗濯したいものです。

いっぽうでコインランドリーで洗濯した場合の料金は1500円~2000円ですし、洗濯から乾燥まで約1~2時間で済むので、その日のうちに洗濯が完了します。

ただし、羽毛を使っている、高額な値段の布団なのであれば、クリーニングに出したほうが安心です。

まとめ

毎日使うものなので、清潔な状態を保ちたいですよね。

きれいになった掛け布団ならぐっすり寝られそうです。

とはいえどんな掛け布団でもコインランドリーOKではないので、失敗しないためにも、洗濯表示や素材の確認、正しい洗い方で洗うようにしてくださいね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました