地震でドアが開かない!とならないための対策とは?玄関のドアはどうなる? | 毎日お役立ち情報ステーション

地震でドアが開かない!とならないための対策とは?玄関のドアはどうなる?

生活
スポンサーリンク

ここ数年は地震が多く、地震対策の意識も高まっているでしょう。

日本は地震大国であり、毎年どこかしらで大きな地震が起きています。

地震が起きた際にはしっかり避難経路をキープしなくてはなりません。

ただ、大きな地震が発生した場合、怖いのが地震でドアが開かないことです。

ドアが開かなくて避難が遅れたら命にもかかわりますよね。

地震でドアが開かない!とならないためにはどのような対策をすればいいのでしょうか?

いつくるかわからない地震に今から備えておきましょう!

地震でドアが開かなくならないようにする対策は?

地震で地震が開かなくならないようにするには以下の対策があります。

すぐにドアを開ける

まず大切なのがすぐにドアを開けることですね。

地震防災ガイドブックなどにも、地震が起きた際にはドアを開けることがよく書かれています。

地震でドアが開かなくなる前にドアを開けておけば、緊急時の避難経路も確保することができます。

ぜひしっかりと大きな地震が来た際にはドアを開ける習慣をつけるようにしましょう。

耐震蝶番に変更をする

ドアの開け閉めは蝶番が使われています。

この蝶番には耐震構造のものがあるので、そちらを使うようにしましょう。

DIYで自分でつけることもできますし、業者に依頼をすれば付け替えてもらうこともできます。

耐震の蝶番を使えば、ある程度の地震が起きてもドアの動きをキープすることができます。

耐震ドア枠に変更する

ドア枠ってあまり意識をしないですよね。

しかし、実はドア枠にも種類はあって、耐震構造のものもあります。

こちらも自分で変えるのはちょっと厳しいので、業者に依頼をするようにしましょう。

耐震のドア枠に変更すれば、ドア自体が地震から守られるので、開けられないということも防ぐことができます。

このように地震でドアが開かなくならないようにするための対策はいくつかあります。

その他にも、ドアの周囲は片付けておく、傘等は引っかからないように、しっかり傘立てに入れておくなどの対策もあります。

ぜひ地震が来た時のことを想定して、しっかりドアが開かなくなることの対策をしてくださいね。

ドアは地震でどうなるの?

しかし、考えてみればどうして地震が起きることで地震が開かなくなるのでしょうか?

ドアは地震でどうなっているのでしょうか?

ドアが地震によって開かなくなる理由ですが、結論から言うと歪みが原因になります。

地震の揺れによって、家の様々なものが歪んでしまいます。

そしてそれはドアも例外ではありません。

ドア枠や蝶番などが歪んでしまい、その結果変形によって通常通りドアが開かなくなってしまうのです。
ドアだけならまだしも大きな地震の場合は地盤自体も歪むことがあり、大きな被害につながることがあります。

上記の耐震構造の蝶番やドア枠は、このような地震による歪みを最小限に抑えるものとなっています。

もし万が一地震によってドアが開かなくなった場合には、ドアを蹴破るか、工具でドアをこじ開けるしかありません。

ただ丈夫なドアの場合はそこまでしても開かないこともあります。

その場合には窓ガラスを割るなど他の方法も考えておく必要があります。

ぜひ災害時には最悪のことを想定した上で、対策をするようにしてくださいね。

まとめ

地震でドアが開かない場合ですが、対策としてはいくつかあります。

基本的な対策としてはすぐにドアを開けることが大切です。

その他にも蝶番やドア枠を耐震構造のものに変えることも対策になります。

地震でドアが開かなくなるのは、ドアや蝶番が地震で歪んでしまうからです。

それらの最悪のことをしっかり想定した上で、地震の対策をしっかり行なってくださいね!

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました