買う車を迷っている人必見!高速料金って軽自動車だとこんなに安いの!? | 毎日お役立ち情報ステーション

買う車を迷っている人必見!高速料金って軽自動車だとこんなに安いの!?

生活
スポンサーリンク

車を買おうと思っているけど、

普通自動車と軽自動車、どちらにしようか悩んでいるあなた!

 

 

軽自動車は普通自動車と比べて、

維持費や高速道路料金が安くなるのをご存知ですか?

 

 

今回は、車の維持費や高速道路の使用料金が

普通自動車と軽自動車でどれくらい違うのかをまとめてみました。

 

 

車の維持費を抑えたいならやっぱり軽自動車が安い!

車を購入する時はもちろんのこと

車を購入した後も、維持費が結構かかってきます。

 

 

月々の出費のことを考えると、やっぱり維持費はなるべく安くおさえたいですよね。

 

 

軽自動車は普通自動車と比べて、維持費が安いと言われますが

大体どれくらい安くなるのか考えてみましょう。

 

自動車税

車を所有すると、法律で定められた税金を支払わなければなりません。

 

普通車の年間の自動車税は、アルファードを例に出してみてみると

39500円かかってきます。

 

 

一方、軽自動車の場合は10800円なので、40000円近く安いです。

 

コンパクトカーのフィットでも、34500円なので、20000円以上は安くなります。

 

このように、比較してみると普通車と比べて軽自動車の方が

年間の自動車税は安いと言えるでしょう。

 

 

ガソリン代

ガソリン代は車の維持費の中でかなり大きなウェイトを占める部分となります。

 

 

最近の軽自動車は、かなり燃費が良くなっており

車種によって多少は異なりますが

実燃費で20km/L程度は期待できるものが多いです。

 

 

仮にガソリン代が1Lあたり150円で、年間5000kmを走行するとして

年間のガソリン代を計算してみると

 

軽自動車(15km/L)…50000円

普通自動車(10km/L)…75000円

 

となります。

 

 

もちろん、ガソリン代は居住地や年間走行距離などによってかなりの個人差がでますが、

一般的に考えると、軽自動車の方が圧倒的に安いと言えるでしょう。

 

 

 

車検費用

2年に1度(新車時の初回は3年に1度)受けることが義務付けられている、車検。

 

この車検代も毎年ではないにせよ、結構費用がかかってきますよね。

 

車検の費用は、車検基本料と法定費用に分けられます。

 

車検基本料は車の種類や車の状態、依頼業者によって異なってくるので、

ここでは法定費用について比較してみましょう。

 

 

法定費用金額は、軽自動車で33370円~36570円

普通車で45940円~80040円となります。

 

軽自動車は高くても3万円台なのに対し、普通車は8万円以上になってくるので

これだけ見ても、軽自動車の方が車検代は安いことが分かりますね。

 

 

その他

自動車税、ガソリン代、車検費用など

車の維持費で大きなウェイトを占める部分をご紹介しました。

 

 

そのほかにも、車に乗っていると

タイヤ、オイル交換、バッテリーなどの消耗品や修理代もかかってきます。

 

 

消耗品も、例えばタイヤなら

軽自動車の場合は1本5000円くらいなのに対し

 

普通車は10000円以上するので、大体2倍くらい高くなります。

 

やはり、維持費を抑えたいのなら、軽自動車の方が断然おすすめですよ。

 

 

高速料金って軽自動車ならどのくらい安くなる?

高速道路は走行する車種によって、利用料金が異なります。

 

 

今回は高速料金が軽自動車と普通自動車がどのくらい違うのか比較してみましょう。

 

 

軽自動車と普通自動車、高速道路の使用料金を比較!

 

NEXCOが管轄する高速道路では、

軽自動車が高速道路を走行する場合は、普通自動車の料金の

約8割の金額に設定されています。

 

 

つまり、軽自動車は普通車の2割引きで高速道路を走行することができるのです。

 

 

具体的に例を挙げますと、

高速道路検索サイト『ドラぷと』

東京~大阪(西長堀)まで高速道路を走行すると仮定し、検索すると

普通車は13600円、軽自動車は11150円となりました。

 

 

ちなみに、日本で唯一首都高速だけは

軽自動車と普通自動車の区別がなく、料金が同じとなっています。

 

 

しかし、その他の高速道路や有料道路では、

軽自動車が割引されているところが多いです。

 

[ad#co-1]

 

なぜ軽自動車は利用料金が安くなるのか?

同じように高速道路を利用しているのに

軽自動車の方が普通車と比べて利用料金が安いのか、疑問に思った方もいるでしょう。

 

 

その大きな理由の一つとして

軽自動車は車体重量が普通自動車と比べて軽いので、

道路を損傷させる度合いが少ないからだと言われています。

 

 

高速道路は、常に路面を均一にするために、定期的に道路を整備する必要があります。

 

 

大型トラックのように重量が重い車は、それだけ道路を損傷させますが

軽自動車は比較的重量が軽いので、損傷させる度合いも少ないと言えるでしょう。

 

NEXCO日本では、高速道路の利用料金を決めるにあたって、

  • 車両が道路を傷める割合
  • 車両が道路を占める割合
  • 高速道路のご利用によりお客様が受ける便益の割合

 

以上3つの観点から総合的に判断しているようです。

 

いずれにしても、軽自動車は普通車と比べて安い料金で高速道路を利用できるので、お得ですね!

 

軽自動車が高速道路を走行する時の注意点!

軽自動車は高速道路で料金が優遇されていますが、

走行する上で気を付けなければならないポイントがあります。

 

軽自動車は普通車と比べて、横風の影響を受けやすく、コーナーでの安定性が劣るので、

スリップや横転しないように気を付けて運転する必要があります。

 

また、軽自動車の燃料タンクは小さいので、容量があまりありません。

 

高速道路では市街地よりも燃費が悪くなることを想定し、

早めの給油を心がけましょう。

 

 

軽自動車のシートは普通車よりも、少しサイズが小さくなっています。

 

 

長距離の運転は疲れやすいので、

こまめに休憩をとってリフレッシュすることも大切ですよ。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

軽自動車は普通車と比べて

維持費や高速道路の利用料金が安くなることが分かりました。

 

 

これから車を買う方や新しい車に買い替える方は、

是非参考にしてみてくださいね!

 

 

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました