レボマックスとレボマックス2の違いは?評判口コミやメリットデメリットは?洗い方や販売店はどこ? | 毎日お役立ち情報ステーション

レボマックスとレボマックス2の違いは?評判口コミやメリットデメリットは?洗い方や販売店はどこ?

生活
スポンサーリンク

アメリカで人気のステンレスマグボトル、レボマックス(Revomax)。「2」とついているので旧型のレボマックスが存在すると思うのですが、レボマックス2しかみあたりません。

なにが違うのか?はキャップが変わったようですが、どのように変わったのか詳しいことはわかりませんでした。

ですので、購入するならレボマックス2で問題ないようです。

ではレボマックス2の性能や評判についてまとめました。

レボマックスとレボマックス2の違い

冒頭でもお話したようにレボマックス2があるということは、旧型のレボマックスもあったということでしょう。

しかし、公式サイトをみてもレボマックス2しか紹介がなく、他のブログなども探して見ましたが、情報が見つかりませんでした。

おそらく旧型のレボマックスのことを書いているであろうブログでもレボマックス2との違いはよく分からず。

ECサイトでもレボマックス2しか販売していないので、旧型レボマックスとの違いはわかりませんでした。

どうやらキャップの性能があがったようですが、どう違うのかまではわかりませんでした。

いずれにしろ性能がいいのはレボマックス2で間違いないと思うので、購入はレボマックス2で大丈夫です。というかレボマックス2しか売っていません(笑)

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)のメリット

ではレボマックス2(revomax2)はどんなところがいいのか?悪いところも包み隠さずご紹介します。

炭酸が入れられる!

レボマックス2が人気の理由はビールなどの炭酸を入れられるということ。

普通の水筒に炭酸のものを入れると、炭酸は抜けていってしまいますが、レボマックス2は炭酸がぬけず、しかも保温18時間、保冷36時間という長時間の保温が可能です。

これは普通の水筒ではできない、レボマックス2の特徴です。

都内近郊に限られますが、レボマックス2を持って行くとビールを入れてくれる店舗などもあったりします。

夏にビールを入れて、キンキンに冷えたビールをどこでも飲めるって最高ですよね!

それを可能にしているのが特殊なキャップです。キャップの開け方もワンタッチで簡単。

この動画のように普通の水筒のような感覚で使えます。

また、もしキャップが壊れてしまっても、キャップのみの購入ができます。最初の購入時は黒ですが、キャップのカラーバリエーションがあるので、自分好みの組み合わせに変更できるのでいいですね。

保冷・保温もバッチリ!

保冷・保温もバッチリで、夏は冷たい飲みもの、冬は暖かい飲み物を入れられます。

保冷は36時間、保温は18時間キープできます。

炭酸飲料ももちろんですが、普通の水筒としても使えます。

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)のデメリット

レボマックス2もデメリットはあります。デメリットをしっかり知ったうえで購入すると後悔が少ないですよ!

スープは微妙

温かい飲み物も入れることができますが、具が入ったスープなどはやめたほうがいいかもしれません。

底に具材がたまりやすく、注ぐと中に残ってしまいます。

ニオイがあるものは少し残る

コーヒーなどニオイがあるものは、洗ったとしても少しニオイが残ることもあります。

コーヒーしかいれないというなら問題ないですが、ビールも水もコーヒーも入れる、という方ならコーヒー用のレボマックス2を買ったほうがいいかもしれません。

まったく気にしない!というなら問題ありませんが。

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)のレビュー

わたしはレボマックス2の20oz(592ml)【パイントサイズ】を購入しました。

最初見たときはちょっと大きいかな、と思いましたが、いつも使っているリュックの横ポケットにジャストサイズ。

本体は軽く、表面が少しザラついているので、滑ることもなさそうです。

フタの開け閉めはワンタッチ

フタの開閉は簡単。フタの両端と真ん中のポチっとなっているところ3点を一緒に押すだけ。

そうすると、カチッと音が鳴ってフタを開けられるようになります。

フタが開いた状態だと、飛び出ていたポッチは引っ込んで、真ん中の穴の部分に「PULL LOCK」というのが出現します。

その「PULL LOCK」を上に引くとフタがロックされます。

中は氷ストッパーなどがないので、勢いよく傾けると飲むときにこぼしそうです。

ビールを外で飲む予定ならこぼさないように気を付けて飲むか、コップを用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

また中に「MAX」と書いているのでそこまでが最大限入れる目安となっています。

分解とはめなおし方

いちおう英語表記の説明書がついてきます。

フタはロックする部分とパッキンとその中身の3つに分解できます。

フタをまず2つに離します。

さらにパッキンとその中身を離します。このときパッキンが破れないかな?とちょっと心配になるかもしれませんが、ゆっくり外しましょう。

この状態まで分解して洗うことができるので、清潔に保てそうです。

戻すときは外した時とは違う順番になります。

まず、両端にポッチがついているやつとパッキンをはめます。

それからもうひとつのやつをパッキンにはめます。

そうすると、フタがロックされている状態になるので、そのままでは本体にフタができません。

そのため、フタのロックを解除してから本体にはめる、ということになります。

複雑なパーツもなく、簡単に分解・元に戻せるのでお手入れが楽です。

フタは使っていると劣化してくるので、うまく閉まらなくなったり、炭酸が抜けやすくなってきたときはフタの買い替えどきです。

フタのカラーもたくさんあるので、カラーを変えてオリジナルのレボマックスにするのも楽しそうですね。

炭酸の持ち具合

ビールをレボマックスに入れてから飲むまで2時間ほどあきましたが、炭酸の持ちは入れたときとほぼ変わりませんでした。

保冷もしっかりしており、入れたときの冷たさと変わりありません。

氷を入れていったときも、1日中持っていると多少は氷は小さくなりますが、それでも残っていました。

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)の口コミ

ワンタッチで入れられるし見た目がかっこいい

炭酸を入れられるのでキャップは特殊なのかな?と思ってましたが、こんなので大丈夫?と思うくらい簡単だった。

コーヒーのにおいはどうしても少し残ってしまうので、コーヒーとビール用とわけています。

炭酸を水筒にいれたかったので、いろいろ検討しました。自分にはキャップを洗って戻すのがちょっと難しかったけど、それを考慮しても買ってよかったです。

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)の洗い方

キャップはすべて分解して掃除ができます。掃除後の付け直し方も簡単なので、初めて買ったとしても心配はいりません。

水筒部分は通常の水筒のように、中をスポンジで洗ってしっかり乾かしましょう。

掃除の仕方はこちらの動画がわかりやすいです。

ここまで分解して掃除ができるので、衛生的ですよね。

専用の掃除器具もあるので、しっかりすみずみまで掃除したいという方にはオススメです。

スポンサーリンク

レボマックス2(revomax2)の販売店

レボマックス2が販売されている実店舗は

  • 東急ハンズ
  • ロフト

などです。

ただし、店舗が近くない、リアル店舗でも取り扱っていない、ということもあります。その場合は、オンラインでの購入となります。

オンライン通販であれば、

などがあります。オンラインのほうがカラーバリエーションの在庫があるので、自分の好きなカラーが見つかるのではないでしょうか。

レボマックスの販売店はアメリカだからか、コストコでも売っている?と思う方もいるようです。

コストコでも水筒は販売していますが、レボマックス2は販売していないです。

レボマックス2(Revomax2)のカラーやサイズ

レボマックス2はサイズやカラーがあります。

重さサイズカラー
RevoMax2 12oz(355ml)
【生中サイズ】
274g直径75mm・高さ203mm・口径:44mmジュエリーブルー・ライラックパープル・ファイヤーレッド・ギャラクシーシルバー・ティファニーグリーン・オニキスブラック・マットホワイト・ライトブルー・ピーチピンクの9色
REVOMAX2 SLIM 12oz(355ml)
【生中サイズ】
272g直径67mm・高さ231mm・口径:44mmマットホワイト・ベビーピンク・スカイブルー・ソフトミント
REVOMAX2 20oz(592ml)
【パイントサイズ】
349g直径75mm・高さ270mm・口径:44mmジュエリーブルー・ライラックパープル・ファイヤーレッド・ギャラクシーシルバー・ティファニーグリーン・オニキスブラック・マットホワイト・ライトブルー・ピーチピンクの9色
REVOMAX2 32oz(950ml)
【パイントサイズ2杯分】
482g直径87mm・高さ300mm・口径:44mmレモンイエロー・オニキスブラック・ジュエリーブルー・ティファニーグリーン・ライラックパープル・ファイヤーレッド・ギャラクシーシルバーの7色

RevoMax2 12oz

レボマックス2の一番小さいサイズ。コロンとしたフォルムがかわいいです。

お出かけ先でちょっと飲んだりやビールの飲みまわりなど持ち運ぶシーンにいいですね。

REVOMAX2 SLIM 12oz

レボマックス2の小さいサイズのスリム型。リュックに入れることが多い方におすすめ。

カラー展開がもう少しあるといいですね。

REVOMAX2 20oz

一般的な水筒の大きさ。スポーツするときの水分補給にいいかもですね。

REVOMAX2 32oz

約1L近く入るので、アウトドアで大人数でビールを飲むとかいいかもしれないですね。

またかなり汗をかくスポーツの水分補給にもよさそうです。大きいので車移動での持ち運びや山登りなどではいいかもですが、日常使いにはちょっと難しいですね。

まとめ

人気の水筒なので、同じものをもっている人が見つかるかもしれません。オンラインショップでは無料で名入れをしているショップもあるので、ほかの人と間違わないように名入れをしてもらってもいいかもしれませんね。

レボマックス2をもっていけばビールを量り売りしてくるお店もあるようなので、ビールの飲み歩きなどもできて楽しそうです。

もちろん普通の水筒としても使えるし、スープなど絶対こぼれたくないものを入れるのにも便利です。

自分の好きな飲み物を携帯できる幅が広がり、外での過ごし方も楽しくなりそうですね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました