16時間断食中にヨーグルトやコーヒーはOK?飲んでいい飲み物は? | 毎日お役立ち情報ステーション

16時間断食中にヨーグルトやコーヒーはOK?飲んでいい飲み物は?

雑学
スポンサーリンク

今断食ダイエットが注目をされていますよね。

食べない時間をコントロールするだけなので、運動が苦手な人には試しやすいダイエットのひとつなのではないでしょうか。

断食といっても様々な種類があり、1日以上断食をするものから数時間の断食もあります。

その中でも特に初心者におすすめなのが16時間断食です。ただ気になるのは16時間も断食できるのか?ということ。

しかし、16時間断食中でも無糖コーヒーと無糖のヨーグルトは食べてもOKとなっています。

これなら16時間断食も続けられそうではないですか?

他にも16時間の断食中に食べられるものはあります。それぞれ解説していきますね。

16時間断食中にヨーグルトはOK?

ヨーグルトに味付けをしていないプレーンヨーグルトはOKです。

プレーンヨーグルトを食べれば乳酸菌を胃腸に取り込むことができるので、腸内環境を改善することができます。

そもそも16時間断食は、断食をして身体のなかのエネルギーをなくすことが重要なので、本当なら食べないほうがいいですが、やはり16時間も断食はつらいので、ヨーグルトを食べることで小腹を満たして続けられるというのがメリットではないでしょうか。

だたし、食べ過ぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク

16時間断食中にコーヒーはOK?

16時間断食の間ですがコーヒーを飲むことができます。

ただコーヒーとはいってもブラックコーヒーのみとなっています。

ブラックコーヒーはカフェインによって腸の動きを活発にするだけでなく、脂肪燃焼効果も高めることができます。

スポンサーリンク

16時間断食中に食べられる飲み物や食べ物

16時間断食の間ですが上記の通り全くご飯が食べられないわけではありません。

続いて16時間断食の間でも食べられるものを紹介していきます。

具なしの味噌汁

味噌は酵素がたくさん含まれており、胃腸を回復させる効果があります。

具なしで味噌汁だけを飲むことで体を温め、胃腸を休めながら食事をすることができます。

ナッツ

ナッツは無塩のものなら食べてもOKです。

ナッツは食物繊維やビタミン、ポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれています。

少し食べるだけでも効率的に栄養を摂取することができるので、

16時間断食中に軽く摘むのにはぴったりです。

他にも16時間断食中に食べられるものはいくつかあるので、無理のない範囲で断食を行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

16時間断食ダイエットのやり方

断食にはたくさんの種類があって、自分に合ったものを行うことが大切です。

断食は食事を摂らないということですので、一歩間違えると体にも悪影響を与えます。

なのでゆっくりと体に負荷がかかりすぎない範囲で断食をすることがおすすめです。

そんな断食の中でもおすすめなのが16時間断食です。

この16時間断食はオートファジーとも呼ばれており、ダイエットの一つでもあります。

オートファジーは食事を取れる8時間と、16時間断食を挟んで1日を過ごすことを指します。

また16時間断食の間にも限定的に食事を摂ることができるので、体に負担がかかりすぎないながらも断食の効果を感じることができます。

16時間断食ですがタイムスケジュール的には、まず朝10時から夕方18時までは食事を摂るようにします。

遅めの朝食、おやつ、早めの夕食と食事を十分に摂ることができるので、ここでの体の負担はそれほど感じないでしょう。

そして基本的にはこの時間帯でしたら食事に制限はなく、好きなものを食べることができます。

その後に就寝時間も入れながら翌朝10時まで食事を摂らないというスケジュールになります。

16時間断食といっても就寝時間を挟むのでそこまで苦痛には感じないはずです。

またここがポイントになっているのですが、16時間断食中でも一切食事を摂らないというわけではありません。

水やコーヒーなどの水分を含めて、体に負担がかからないものでしたら、軽く食事を摂るのは問題ありません。

もちろん暴飲暴食はいけないですが、辛かったら軽く食べても良いということがわかるだけで気持ち的にはだいぶ楽になりますよね。

スポンサーリンク

16時間断食の効果

16時間断食ですが、以下のような効果が期待できます。

胃腸の働きを戻す

人間休息を取らないと体も動かないし、パフォーマンスも下がってしまいますよね。

これは日頃の生活から感じている人がほとんどですよね。

そしてこれは内臓も同様です。

たくさん食べると内臓は常に消化にエネルギーを使うことになります。

人間が寝ている間にも胃腸を始め、内臓は動きっぱなしで疲れて働きが悪くなってしまいます。

そんな胃腸や内臓の働きを取り戻すために、

16時間断食をして胃を空っぽにしてあげます。

それによって胃腸がしっかり休まり、本来の働きを取り戻してくれます。

免疫力が上がる

16時間断食をすることによって免疫力が上がる場合もあります。

16時間断食をすることによって意図的に軽い飢餓状態を作ります。

そうすることによって体を守るために免疫力を高める細胞が生成され、免疫力が上がるとされています。

血液が綺麗になる

16時間断食をすることで血液は栄養や老廃物を回収することはなくなります。

その分血液本来の状態で体を巡ることになるので、血液もしっかりリセットされ綺麗な状態に戻ります。

便秘改善

16時間断食をすることで上記のように胃腸の働きが活発になります。

それによって溜まった便を出す力も出るので、便秘改善効果があるとされています。

このように16時間断食には様々な効果があります。

ですが断食になりますので向き不向きもありますし、無理のない範囲で行うことが大原則です。

もし16時間断食が気になっている場合には、これらのことを守った上で行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

16時間断食ですが行うことで胃腸をリセットすることができ、様々な健康効果が期待できます。

ただ無理は禁物ですので自分ができる範囲で行うようにしてください。

また16時間断食とはいっても、その間にコーヒーなどの飲み物や、ナッツやヨーグルトは食べることができます。

ぜひ気になるようでしたら16時間断食にチャレンジしてみてくださいね。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました