ダウンジャケットをコインランドリーで失敗しない方法!乾燥機時間や料金、ネットは必要? | 毎日お役立ち情報ステーション

ダウンジャケットをコインランドリーで失敗しない方法!乾燥機時間や料金、ネットは必要?

スポンサーリンク

冬に活躍するダウンジャケット。けっこう着る回数が多いため、汚れがちですよね。

しかし、クリーニングに出すのも料金が高く、気軽に洗濯したいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

実はダウンジャケットもコインランドリーで洗濯が可能!

でもダウンジャケットをコインランドリーで洗濯できるの?破れたりなど失敗してしまうのでは?と心配になりますよね。

しっかり注意点を押さえておけば、失敗することはありません。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する方法をご紹介します。

ただし、お気に入りのダウンジャケットや高価なダウンジャケットだとクリーニングに出したほうが安心です。ダウンジャケット専用のクリーニング屋さんがありますので、そちらに出すことも検討しましょう。

高級ダウンクリーニング専門のプロショップひらいしや

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯できるの?

ダウンジャケットって羽毛とかのデリケートな素材が使われてるのに、コインランドリーで洗濯できるの?と疑問ですよね。

結論からいえば、洗濯は可能ですが、いくつか確認しておかなければなりません。

そのチェックを怠ると失敗してしまうので、しっかりチェックしてくださいね。

洗濯マークを確認

しかし、洗濯機OKの洗濯マークがついていればコインランドリーで洗うことができます。もちろん自宅での洗濯や手洗いも可能です。

洗濯OKマークは、下記の表です。

洗濯マーク 参考:https://the360.life/U1301.doit?id=16238

一番右下の「家庭での洗濯禁止」マーク以外のものであれば、コインランドリーで洗濯ができます。

「家庭での洗濯禁止」マークがついていたら、コインランドリーでは洗濯できないので、クリーニングに出すようにしましょう。

素材を確認

素材によっては、洗えないものもあります。

  • ウール
  • レザー
  • シルク
  • ポリウレタン

これらの素材を使用しているダウンジャケットはコインラインドリーや自宅での洗濯もできないので、避けましょう。

部分的に洗えない素材が使われているダウンジャケットもあるでしょうから、その場合もコインランドリーでの洗濯はやめるようにしましょう。

また洗える素材だとしても高価なダウンジャケットは無理せずクリーニングに出したほうが安心です。

高級ダウンクリーニング専門のプロショップひらいしや
スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する方法

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する方法は通常の洗濯する場合と同じです。

1. 事前に汚れがひどい箇所を洗う

襟もとや袖口など汚れがひどい箇所を事前に洗っておきましょう。スポンジなどに洗剤を含ませて軽くたたくように汚れを落としておきましょう。

2. 洗濯機へ入れる

ポケットや前のファスナーはしめて、フードは外せるなら外し、裏返しで洗濯しましょう。洗濯コースは弱などの優しく洗うコース、おしゃれ着洗いコースがあればそれを選択します。

洗剤は、羽毛を使ったダウンジャケットであればダウン専用洗剤を使うほうがいいです。それ以外のものであれば、エマールなどのおしゃれ着用の中性洗剤で大丈夫です。

3. 洗濯機の脱水は短くする

洗濯機での脱水を長くすると、生地が傷む原因にもなります。

洗濯機で行う脱水は1分間くらいの短い脱水を3回くらい繰り返してください。

4.自然乾燥をする

洗濯機の脱水が終わったら次は乾燥機、とはいかず、まずは自然乾燥をして生乾きか半乾きになるまで乾かしましょう。

濡れたまま乾燥機にかけると乾燥するまでに時間がかかります。この乾燥機に長くかけることがダウンジャケット生地の傷みにつながるので、乾燥機にかける時間は短いほうがいいんです。

また生乾きや半乾きの状態で乾燥機にかけることで、残った水分が表面のシワをとってくれ、アイロンがいらなくなるという効果があります。

自然乾燥するときは、ダウンジャケットの綿が偏らないようにほぐし、肩幅のあったハンガーにかけましょう。

5. 乾燥機へ入れる

ダウンジャケットをふわふわに仕上げるのはコインランドリーでの乾燥機。

40度以下の低温で、10分間を3,4回ずつ、しっかりと中まで乾燥するまで時間をかけます。

10分おきに様子をみたほうが安心です。

乾燥機へ入れる場合もネットに入れる必要はありません。

また生地を傷めないようにするために、裏返していれましょう。ファスナーなど記事を傷つけやすそうな部品の部分は保護するなどしておくといいです。

テニスボールをもっていたら一緒に入れて乾燥させましょう。テニスボールが回転しダウンをたたくことでふわふわにしてくれます。

ないようなら、ドライヤーボールを購入してもいいでしょう。

また乾燥機に入れるダウンジャケットは1~2枚にとどめておきましょう。ほかの衣類などと一緒にぎゅうぎゅうに詰めてしまうと、ダウンジャケットがしっかり乾燥しません。

この乾燥機の方法はご家庭の乾燥機で行う際も同様です。

ただし、キルティングが細かいダウンジャケットはご家庭では洗えません。高級ジャケットもご改定で洗うのは不安という方はクリーニング店に依頼することをおすすめします。

近くにクリーニング店がない、忙しくてクリーニング店に行く時間がないという方は宅配クリーニングが便利です。

宅配クリーニングのリネット は自宅からクリーニングしたい衣類を送ることができ、クリーニングし終わった衣類も自宅に届きます。

店舗のクリーニング店と変わらない値段でクリーニングができ、衣類を送るだけなのでほかの衣類も一緒に気軽に利用することができます。

スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーの乾燥機にかける時間は?

ダウンジャケットの種類にもよりますが、低温で約10分くらいを3,4回で完全に乾燥します。

乾燥がしっかりできていないと、色ムラや異臭、ダウンのボリュームがなくなった、という失敗につながります。

様子を見つつ、ダウンがしっかり乾燥したかどうかを確認しながらしっかり乾燥させましょう。

スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯するときネットは必要?

洗濯ネットに入れないと、ダウンジャケットの羽毛が出てくるんじゃないか?

ダウンジャケットが型崩れするんじゃないか?

と思うかもしれませんが、洗濯ネットは必要ありません。

むしろ洗濯ネットを使うことによって、ダウンジャケットのダウンが固まったり、ダウンのボリュームが出なくなってしまう原因になります。

乾燥する際も洗濯ネットを使用しないで、そのままダウンジャケットを乾燥機に入れてください。

そうすることで、ダウンの中までしっかり乾燥されてダウンのボリュームがよみがえります。

スポンサーリンク

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯する料金は?

コインランドリーによって料金が異なりますが、おおむねコインランドリーの平均的な料金は、

  • 洗濯機:1回500円~1200円
  • 乾燥機:8~10分で100円

となっています。

洗濯機が1回500円、乾燥機が10分100円として、乾燥時間が30分とすると、ダウンジャケットを選択する場合は、

500+100×3=約800円

となります。

ほかの洗濯物と洗うのであれば、もっとお安くなりますね。

また洗濯は自宅でして、乾燥だけをコインラインドリーで行う、という風にすれば料金はもっと安くなります。

ただし、どうしても失敗したくない!ということであれば、クリーニングに出すことをおすすめします。お気に入りのダウンジャケットであればなおさらですね。

スポンサーリンク

まとめ

コインラインドリーでダウンジャケットが洗えるなら、手軽でいいですね!ついでにほかの冬用洗濯物も洗うと、衣替えがはかどりそうです。

しかし、どうしても不安な場合やハイブランドの高価なダウンジャケットならクリーニングに出したほうが安心です。

しっかり注意点を確認して、上手にコインランドリーを利用しましょう。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました