ipadの中古どこで買うのが正解?メリットデメリットは?中古品の注意点やおすすめの店舗は? | 毎日お役立ち情報ステーション

ipadの中古どこで買うのが正解?メリットデメリットは?中古品の注意点やおすすめの店舗は?

雑学
スポンサーリンク

ipadって便利ですよね。

タブレットの大定番であり、買うのならipadと考えている人は多いでしょう。

ただipadは新品ですとそれなりのお値段がします。

なので安く買いたい場合には中古で買うのがおすすめです。

そんなipadの中古ですが、どこで買うのが正解なのでしょうか?

ここではipadの中古について解説をしていきます!

ipadの中古をどこで買うのがおすすめ?

iPadの中古を買えるところは多くありますが、どこで買うのがおすすめなのかは人によって違ってきます。

iPadのスペックなど詳しいのであれば、オンラインショップでも問題ないでしょう。

しかし、オンラインショップを見てもどれがいいのかさっぱりわからない、というなら実店舗に出向いてスタッフさんと話しながら決めたほうがいいでしょう。

またどうしても中古の使用感が気になるなら、Appleストアの整備品がおすすめです。中古ショップよりは値段は高くなりますが、iPad製造者のAppleが整備しているので間違いがないでしょう。

注意したいのはフリマアプリでの購入です。

販売者がiPadに詳しい方ならまだしも、なにもわからない素人がほとんどでしょう。

そのため、提示していたスペックと違う、バッテリーが予想以上に劣化していた、などなにかしらのトラブルになる可能性があります。

またもしトラブルが発生したとしても保証はないので、購入してから不具合が発生してもどうすることもできません。

その点は注意しておきましょう。


ipadの中古を買えるお店

ipadですが中古を扱っているお店はたくさんあります。

なのでその中から自分が選びやすいお店を選ぶと良いでしょう。

ipadの中古ですが買えるお店としては以下のようなお店があります。

中古家電ショップ

リサイクル品を扱うお店でしたら大抵ipadは売っています。

また最近は古本屋にもipadのようなガジェット品を売っているお店も多くなっていますね。

これらのお店でしたら実物を見ながら買うことができるので、失敗をするリスクも少ないです。

また逆に自分の使っているガジェットを売ることもできるので便利ですね。

中古のiPadが販売されている中古家電ショップは、

  • ゲオ
  • ソフマップ
  • イオシス
  • その他リサイクルショップ

などがあります。

オンライン中古ショップ

オンラインでの中古ショップも利用するのもおすすめです。

特にipadやiphoneの場合、人気商品となっています。

なのでこれらはオンラインでも専門店があるので、そちらを利用するのも使いやすいでしょう。

オンライン中古ショップは上記に上げた中古家電ショップのオンラインショップもありますが、

  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング

フリマアプリ

今流行りのフリマアプリでもipadを買うことができます。

フリマアプリの場合、思わぬ掘り出し物が見つかることもありますし、すぐに買うこともできるので便利ですね。

整備品を買う

こちらは中古品とは少し違うのですが、Appleの整備品を買うというのもおすすめです。

整備品とは初期不良品などをAppleが回収をして、自社で修理を行なったものとなっています。

なので中古とは言ってもほぼ未使用品になります。

車で言うところの新古車のような感じですね。

こちらの整備品ですが通常の製品より10%近く安く買うことができるのでおすすめです。

このようにipadの中古を買いたい場合、いくつか種類がありますので、ぜひ自分が買いやすいものを選ぶようにしてください。

ipadの中古を買う際のメリット

ipadですが中古を買う際にはいくつかメリットデメリットがあります。

続いてそんなメリットデメリットを紹介していきます。

まずはメリットについてです。

安く買える

まずはなんと言ってもipadを安く買えることです。

ipadの中古品ですが、世代が古かったり、消耗度によって値段も変わっていきます。

なので安ければ安いほど良いわけではないので注意をしましょう。

うまく値段と消耗度のバランスを見て、自分にぴったりなものを見つけるようにしてください。

欲しいものが見つかる

ipadですが世代がどんどん変わるにつれて、サイズや使い勝手も変わっていきます。

なのでipadが昔の方が使いやすかったのに、今のは使いにくい!ということもよくあります。

そんな時に中古でしたら欲しい世代のipadを買うことができるのが大きなメリットですね。


ipadの中古を買う際のデメリット

続いてデメリットについても紹介していきます。

不具合の可能性がある

ipadですが中古品ですと不具合の可能性があります。

特にフリマアプリなどの場合、お店を通ることはありません。

その場合、動作チェックなどがなされていないことも多く、粗悪品を掴まされてしまうこともあります。

また画面に細かい傷があったりと使い心地が微妙ということも多いです。

赤ロム化されていることがある

ipadですが中古を買う際に特に注意をして欲しいのが赤ロム化されているものです。

こちらは前の所持者が端末の分割払いを滞納していなかった場合や盗難品などに起きる、ネットワークのペナルティです。

この赤ロム化をされていると、キャリアのネットワークが使えないので非常に不便になってしまいます。

バッテリーの持ちが悪い

ipadの中古品の場合、バッテリーの持ちが悪くなっていることは多いです。

特に持ち歩くことを前提にしている場合、バッテリーの持ちは非常に重要です。

減り具合などは実際に使わなくてはわからないことも多く、確かめにくくなっています。

保証がない

ipadですが新品の場合でしたら、1年の保証がついています。

またそれとは別にApple Care+と呼ばれる、公式の延長保証サービスもあります。

ただこれらは中古品ですとまず利用することができません。

このようにipadの中古品ですがメリットだけでなくデメリットも多くあります。

特に初心者ですとセキュリティ面でも危険なことも多いです。

なのでできたら買うとしら新品や、整備品、中古が良いとしたら中古店舗で買うようにしましょう。

フリマアプリの場合にはトラブルも多くなっています。

これらを理解した上でipadの中古を買うようにしてくださいね。


まとめ

ipadですが中古を買うお店はたくさんあります。

実店舗やオンラインショップ、フリマアプリなどがあるので、自分が使いやすいお店を選ぶようにしましょう。

ただipadを中古で買う際にはメリットデメリットがあるので、それらをしっかり理解しておくようにしてください。

ぜひ納得のいくipadを買って、便利に活用してくださいね。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました