桃の皮には毒がある?食べられる?アレルギーのもと?簡単でかぶれないむき方は?紅茶にして再利用できる! | 毎日お役立ち情報ステーション

桃の皮には毒がある?食べられる?アレルギーのもと?簡単でかぶれないむき方は?紅茶にして再利用できる!

雑学
スポンサーリンク

甘い果汁が口の中にじゅわっと広がる桃。その桃の皮に毒が含まれているのは本当のことなんでしょうか?

もし毒が含まれているなら、絶対に食べない方が良いですよね!

でも桃の皮はむきづらいから、皮ごと食べたくなる場合もあるでしょう。

桃の皮には毒が含まれているのか、もしくは皮ごと食べてOKなのか、また桃の皮の上手なむきかたや栄養などを紹介していきます!

桃の皮には毒がある?食べられるの?

結論からいうと、桃の皮は食べられます!

桃の皮には毒は含まれてはいないため、安心して丸かじりしても大丈夫なんです。

むしろ桃の皮にはいくつかの栄養素が含まれているため、皮ごと食べた方が実は体に良いんですよね。

ただし桃の皮って表面に小さな産毛がたくさん生えているため、皮ごと食べたいのでしたら、必ず念入りに水洗いをしておきましょう。

そうしないと、産毛が口の中に残ったりするし、口当たりも悪くなってしまいます。

桃の皮も美味しく食べられるようにするためにも、皮ごと食べる際はまず水洗いをして産毛を除去する、ということを覚えておきましょう。

桃の皮の産毛は本当に、美味しく桃を食べるのに邪魔になるため、洗い流すことを忘れないようにすると良いですね。

また小さいお子さんがいる場合は、桃を持たせたときに、皮にベタベタと触らせることがないように気を付けましょう。

産毛が肌に触れると、やっぱり痛がゆい思いをしてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

桃の皮でかぶれるのは毒?

桃の皮を食べるとかぶれる、という話も耳にします。これによって桃の皮には毒があるのではないか?という話になったと考えられます。

しかし、桃の皮には毒は一切ありません。実際には桃の皮に生えている産毛が問題なんです。

桃の皮の表面に生えている産毛って、たくさん肌や口内に触れることによって、アレルギー反応が出て、かぶれや痛みが引き起こされるんです。

特に厄介なのが、口腔(こうこう)アレルギー症候群の症状が現れてしまうこと。

口腔アレルギー症候群は、口内がかゆくなったり、もしくは肌が赤くなりかぶれるといった状態になるものです。

そうならないためにも、桃を皮ごと食べるのでしたら、やっぱり必ず水洗いをして、産毛を十分に除去していきましょう!

特に小さいお子さんが、産毛がしっかり洗い流せていない桃を皮ごと食べてしまうと、アレルギー反応が出る危険性が高くなりますよ!

小さいお子さんに桃を食べさせる際は、出来れば皮をしっかり剥いて、食べやすい大きさにカットしておくと良いですね。

すると桃の皮でアレルギー反応を引き起こす心配もないでしょう。

もちろん大人であっても、産毛がついたままで桃を皮ごと食べるのはNGなので、しっかり桃を水洗いしてから食べるよう注意すべきですよ。

スポンサーリンク

桃の皮のむきかたでかぶれない方法

桃の皮って結構むくのが大変ですよね。私も桃の皮をキレイにむくのがちょっと苦手です。

でも、桃は湯通しすることで、しっかりとキレイに皮をむくことが出来るんですよ!

では次に、桃の皮のむきかた手順を詳しく解説します。

鍋にたっぷりの水を注ぎ沸騰させて桃を入れる

まずは鍋に桃がひたひたになるくらいの水を注ぎ、火にかけて沸騰させてください。

水が沸騰したら火を止めて、よく水洗いした桃を鍋の中に入れましょう。

この時、桃はお玉を使ってお湯に入れていくと、熱湯が飛び跳ねることがないので、安全で良いですよ!

桃を熱湯に数秒浸したら氷水に入れる

お玉を使って桃を熱湯にほんの数秒、だいたい10秒前後浸したら、そのままお玉を使って桃をすくい上げ、氷水の中に入れてください。

すると、包丁を使うことなく、爪で簡単に桃の皮をつるんとキレイにむくことが出来ますよ!

要するにトマトのかわむきをするのと同じむきかたで、桃の皮もキレイにむけるんですね。

確かにこのむきかたは覚えておくとかなり役立ちます!

やっぱり簡単でしかもキレイに皮がむけると、より桃も美味しく食べられますもんね!

スポンサーリンク

桃の皮には栄養がいっぱい!主な栄養とその効果とは?

桃の皮って実は栄養がいっぱい含まれているんですよ!

ということで続いては、桃の皮に含まれている栄養素とその効果をご紹介します。

ペクチン

ペクチンは食物繊維の一種であるため、摂取すれば整腸作用を得ることが出来ます。

便秘に悩んでいるのでしたら、ぜひ桃は皮ごと食べて、ペクチンを多く摂取すると良いでしょう。

しかもこのペクチン、お通じが改善されるだけでなく、コレステロールの吸収や血糖値の上昇を抑える働きもするので、ダイエットにも効果的!

ダイエット中なのでしたら、桃は皮ごと食べた方が良いんですね。

カテキン

カテキンって緑茶などお茶に含まれているイメージが強いですが、実は桃の皮にも含まれている栄養素なんです。

このカテキンはポリフェノールの一種であり、体内の機能や肌の老化を抑制する、抗酸化作用を持っているもの。

要するにアンチエイジング効果がある栄養素なので、若々しさをキープするのにはピッタリといえるでしょう。

しかもカテキンには抗菌作用があるため、口臭を予防するのにも役立ちますよ!

ビタミンE

血行を促進して冷え性や肩こりなどの解消に効果的な栄養なんです。

しかもビタミンEって肌荒れの改善にも有効とされているので、美容にも良い栄養といえるでしょう。

以上が桃の皮に含まれている主な栄養素とその効果ですが、こうして見るとかなり、桃を皮ごと食べるのにはメリットがあるんですね!

しかも桃はちょうど皮のすぐ下の果肉が一番美味しいともいわれているため、皮ごと食べれば、桃の甘さも十分に味わうことが出来るでしょう。

スポンサーリンク

桃の皮を紅茶に再利用

桃の皮は紅茶に浸してほんのり桃の香りがする紅茶を作ることもできます。

その方法はとっても簡単!

  1. まずは、桃の皮をしっかり洗います。前述したように産毛が残っているとかゆみの原因になります。
  2. 桃の皮を火にかけがお湯に入れ、沸騰したら弱火にして1分くらい煮る
  3. その中に紅茶パックを入れ数分蒸らす。
  4. ちょうどいいころ合いで桃の皮と紅茶パックをとりだす

これでほんのり桃の香りがする紅茶のできあがり。

いつものティータイムがちょっと優雅になりますね!

スポンサーリンク

まとめ

桃の皮には毒は含まれておりませんが、皮の表面に生えている産毛を必ず洗い流さないと、口当たりも悪くなるし、体質によってはアレルギー反応が出て肌がかぶれることも…。

そうならないためにも、皮はよく水洗いするか、桃を湯通しして皮をキレイにむいてから食べるのが安心ですよ。

桃の皮には整腸作用とか抗酸化作用、血行を促進させる効果のある栄養が含まれているので、美容と健康をキープするためにも、皮も一緒に食べると良いですね!

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました