らっきょう漬け失敗しない方法!効能やレシピアレンジ、保存方法や食べ頃はいつ?賞味期限や腐るとどうなる? | 毎日お役立ち情報ステーション

らっきょう漬け失敗しない方法!効能やレシピアレンジ、保存方法や食べ頃はいつ?賞味期限や腐るとどうなる?

雑学
スポンサーリンク

せっかく漬けたらっきょうがおいしくない!という失敗をしたことはありませんか?

その失敗の原因は、塩漬けの工程をしていないためです。

らっきょう漬けでの多くの失敗は「辛すぎ」。

そのほかにも、

  • 苦みを感じる
  • 歯ごたえがない
  • 漬け汁が濁ってきた

などがあります。

それぞれの失敗の原因と対処法を解説します。

らっきょう漬け失敗しない方法

らっきょう漬けのレシピはいろいろあり、失敗したと感じるポイントも様々です。それぞれの失敗の原因と対策をご説明します。

らっきょう漬けが辛い

らっきょう漬けで辛くなる原因は、塩漬けの処理が不十分だった可能性があります。10%の塩水につける作業を丁寧に行うことで、らっきょう独特の辛さがとれます。

塩漬け処理がきちんとできると素材のクセやアクが抜けます。

しかし、らっきょうの辛さが好きな人はあえて塩漬けを軽めにしておいたりもします。

塩漬け処理もしたのに辛い、という場合は、まだ酢がしっかり染み込んでいない可能性もありますので、もう少し漬けてみましょう。

らっきょうが苦い

なんだかネギを食べたような苦みを感じる場合、まだ甘酢が染み込んでいない可能性がありますので、もうしばらく甘酢につけておくとらっきょうによく染み込んで苦みがうすくなるでしょう。

漬けるときは、塩漬け処理をしたあと、熱々の甘酢に浸すようにすると、味の染み込みが早くなります。

カリカリとした食感はなくなりませんのでご心配なく。

らっきょう自体がおいしくない

らっきょうそのもののおいしさでもらっきょう漬けの味が変わります。

らっきょうがメインですから、当然といえば当然かもしれませんが、泥付きらっきょうと洗いらっきょうではらっきょうの味や風味が違うので、出来上がったらっきょう漬けもその影響を受けます。

あまりにも安いらっきょうでは味が劣ることもありますので、らっきょうの見極めも大事です。

スポンサーリンク

らっきょう漬けの食べ頃はいつ?

しっかり漬かるのはたいだい2週間ほどとなっていますが、らっきょう漬けはつけた翌日からでも食べられます。

つけた日数で味の変化があるので、漬けてから数日おきに食べてみて自分の好みの食べ頃を探して見るといいでしょう。

漬けて日が浅いときは生らっきょうの風味がしますし、しっかり漬ければ酢の酸味がほどよいらっきょうを味わえますよ。

スポンサーリンク

らっきょう漬けの保存方法は?

常温保存でも冷蔵保存でも大丈夫です。すぐに食べきれない場合は冷凍保存も可能です。

しかし、長くおいしく食べるために注意する点があります。

常温保存や冷蔵保存のときの注意点

らっきょう漬けを食べるときに、清潔な箸で取り出すようにしましょう。

箸が濡れていたり、食事に使った箸を使って取り出すと、容器のなかのらっきょうが腐りやすくなってしまいます。

常温保存はシャキシャキ感が減るため、食感を残したい場合は冷蔵保存しておいたほうがいいでしょう。

冷凍保存の注意点

らっきょう漬けは冷凍保存もできます。

らっきょう漬けを1か月以内に食べきれない場合、食べきれなさそうな分を冷凍保存しておきましょう。

冷凍保存するときの注意点は空気をしっかり抜くこと。

冷凍焼けを防ぐためにらっきょう漬けの汁も一緒に保存しますが、その際に空気が入るとつけた汁に霜がつき味が落ちる原因になってしまいます。

冷凍保存したらっきょう漬けを回答するときは、冷蔵庫に移してゆっくり解凍するか、流水につけると早く解凍できます。

スポンサーリンク

らっきょう漬けの賞味期限は?

手作りの場合も市販の場合も賞味期限は約1か月です。手作りの場合はらっきょう漬けが完成してから約1か月です。

市販のものは容器に賞味期限が書いているのでそちらを確認しましょう。

冷凍保存したものは、約1年ほど持ちます。

スポンサーリンク

らっきょう漬けは腐るとどうなる?

らっきょう漬けは下記のようなことがあったら、腐っている可能性があります。

  • 食べたときに舌がピリピリする
  • 浸けている酢が濁った色になっている
  • 漬けている酢にカビが生えている

カビが生えたら見た目にもわかるので、腐っているとわかるでしょう。

らっきょう漬けは酢で漬けているので、とうぜん味は酸っぱいので味での判断は難しいかもしれませんが、舌がピリピリしたら腐っている可能性があるので、食べないようにしましょう。

また臭いもおかしなようであれば食べないほうがいいです。

スポンサーリンク

らっきょう漬けのレシピとアレンジ

たくさん漬けてあまってきた、いつも同じ味なのでなにか違ったアレンジがしたいと思う人もいると思います。

いろんなアレンジレシピをご紹介します。

ニンジンと一緒に刻む

らっきょう漬けとニンジンを細かく刻んで、そのまま食べることができます。

お豆腐にのせて食べるのでもさっぱりしておいしいです。

タルタルソースの玉ねぎ代わりに使う

あまり量を消費できるレシピではないですが、らっきょう漬けを刻んでタルタルソースの玉ねぎの代わりにいれます。

意外とさっぱりしていけますよ!

スポンサーリンク

らっきょうの効能は?

水溶性食物繊維で糖や脂肪の吸収を穏やかにする

らっきょうには水溶性食物繊維が多く含まれています。水溶性食物繊維は糖や脂肪の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。

ですので、血糖値や血圧が気になる方におすすめです。

ビタミンC

ニンニクの2倍の量のビタミンCが含まれています。ビタミンCは動脈硬化や老化防止が期待できます。

カリウム

カリウムは余分なナトリウムを体外へ排出してくれる働きがあるので、塩分の取りすぎを調整してくれるのに役立ちます。

ですので、塩分が気になる方や高血圧、むくみ予防が期待できます。

まとめ

せっかく漬けたらっきょう漬けが失敗してしまうとへこみますよね。

しかし、状況によっては付け直せばおいしくなりますので、あきらめずにあれこれ試してみましょう。

塩漬け処理をしっかり行って、おいしいらっきょう漬けになるようにしていきましょうね。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました