子供と一緒にピザを作ってイライラ解消!ついでに子供の成長も楽しめる方法♫

雑学
スポンサーリンク

子どもがお休みや早く帰ってくる日って、

子供用のお昼を用意しなくてはいけなくて、

ちょっと手間だったりしますよね。

 

毎日同じメニューなわけにはいかないし。

でも、子どもたちはごはんの時間は楽しみですよね。

 

そんな時は、一緒にお料理をしてみましょう。

もちろん、お母さんの余裕があるときに。

今回は、簡単に作れるピザづくりをご紹介します。

 

我が家にも、2歳と4歳の子供がおり、

暇なときは、よく何か一緒に作って楽しんでいます。

 

我が家の子どもたちと一緒にやっている方法を、ちょっとご紹介しますね。

 

 

子育てイライラ解消法!ちょっとお手伝いしてみよう!

 

さて、子どもと一緒にピザを作るって、子どもたちは何ができるの!?

ただでさえ忙しいのにイライラしそう、

とちょっと警戒しちゃいますよね。

 

でも、お子さんのやりたいレベル、

お子さんの年齢やできることに合わせたお手伝いを選んであげれば、

そんなイライラも解消しますよ。

 

今回のピザづくりでは、お手伝い初級編から、上級編まで、

段々ステップアップしてご紹介しようかと思います。

お子さんの年齢や、できる度に合わせてみてください。

 

その前に、準備として、ピザ生地の用意についてもご紹介しますね。

 

☆食パン

一番簡単な方法です。

食パンをピザ生地代わりに使って、ピザトーストを作っちゃいましょう!

 

☆市販のピザをデコレーションして豪華に!

すでに具ものっていて、

焼くだけの状態で売られているピザを活用しちゃいましょう。

ちょっと具を追加してデコレーションするだけで、

豪華なピザに早変わり!

 

☆生地も作っちゃおう!

ホームベーカリーがある方は、機械にこねてもらえば、

簡単にピザ生地を作ることができます。

 

ホームベーカリーがない方も、少しの材料をそろえるだけで、

手でこねて作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

粘土遊びみたいで楽しいですよ。

色んなレシピサイトに生地の配合がのっているので、

クリスピータイプやもちもちタイプなど、

お好みのものをチョイスしてみてください。

 

 

さて、本題にうつりましょう。

 

☆お手伝い初級編

<ピザの具をデコレーションしてみよう>

まずは初級編です。

あらかじめ切っておいた具を、ピザ生地の上にデコレーションしましょう。

どんな風に配置するかは、子ども次第!

個性が光って面白いポイントです。

模様を作るのも楽しいし、顔にしてもいいかもしれません。

 

 

☆お手伝い中級編

<ソースを塗ってみよう&具を型抜きしてみよう>

少しレベルアップして、中級編では、ピザ用のソースを生地に塗ってみましょう。

たっぷりがいいかな?少しがいいかな?

 

それも、子どもたちの好み次第。

 

そして、具を型抜きして、可愛い形のものを飾ってみましょう。

とろけるチーズやサラミ、パプリカなど、

型抜きしやすいものを用意してあげてください。

 

可愛い形の具が乗ると、可愛さ倍増です!

食パンピザの場合は、生地として使う食パン自体を型抜きしてもかわいいですよ。

 

<具を切ってみよう>

ここは、本当に上級編です。

具を自分で切ってみましょう!

具は、ミニトマト、ピーマン、ウインナーなど、

切りやすいものを用意してあげてください。

 

一番初めは、テーブルナイフや、市販の子供包丁で切れるものがいいと思います。

くれぐれも、けがの内容に気を付けて!

目を離してはいけませんよ!

 

年齢の目安としては、

初級編→2歳

中級編→3.4歳

上級編→5歳以上

といったところでしょうか。

 

さて、ここまでできたら、あとは焼くだけ!

スイッチを入れれば、数分でお部屋の中にいい香りが~

もう、食欲をそそりますね~!

早く食べたいですね~!

 

焼きあがったら、やけどに注意して、さっそく食べちゃってください。

自分で作ったピザ、きっと味も格別なことでしょう。

 

お料理作りを通じて、

あぁ、うちの子、こんな風に作るんだな~、

こういう風に考えてるんだな~、

と新たな発見ができるかもしれません。

 

[ad#co-1]

 

子どもの成長を感じたら、嬉しいもの。

その少しの喜びで、

ちょっとしたイライラポイントも感度が下がるかも!?

 

今回ご紹介した方法は、ピザづくりでしたが、

一緒にお料理をやってみるということが重要なので、

他のメニューでももちろんよいと思います。

 

夏休みは、子どもはお休みで楽しい。

親ももちろん楽しいけど、大変なこともありますよね。

 

子どもの宿題問題、どのように一日を過ごすか、そして、ご飯問題。

でも、一緒にピザづくりをすることで、ちょっと問題解決するかも!?

 

それに、何より、自分の手で作ったお料理を食べる楽しさを知れるって、

子どもの成長にとって、とても素敵なことだと思います。

 

子どもの「食べたい」という気持ちを盛り上げるとともに、

素敵なお食事タイムをお過ごしください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました