冷却ジェルマットの捨て方!ゴミの分別は?燃えるゴミ?粗大ゴミ?

敷きパッド 雑学
スポンサーリンク

熱帯夜の強い味方、冷却ジェルマット。

近年は夜でもうだるような暑さで、夏の快眠のために冷却ジェルマットを利用する人が増えてます。

ですが使っているとどうしても劣化し、ゴミとして処分しなければなりませんよね。

「そういえば捨て方って?」と冷却ジェルマットの捨て方がわからないことも。

実際どのように捨てたらいいのかを調べてみました。

敷きパッド

冷却ジェルマット 燃えるゴミ?燃えないゴミ?

冷却ジェルマットはひんやりとする性質だから、特殊な素材を使用していて、普通に燃えないのでは?

普通のベットマットだと大きいので粗大ゴミになるし、冷却ジェルマットもマットだから粗大ゴミ??

などいろんな疑問がわいてきます。

まず、燃えるゴミか燃えないゴミかの分別では燃えるゴミになります。

市町村の自治体で決められているゴミ分別のルールでは大体のところは燃えるゴミとして分別されています。

ただし、市町村の自治体によっては異なることがありますので、事前に確認しておきましょう。

また大きさですが、粗大ゴミとなる基準は、30センチ以上の立体型のものは粗大ゴミ扱い、はたまた50センチ以上のものは粗大ゴミ扱いと、自治体でまちまちなので、ご自分のお住いの自治体のホームページで確認してみてください。

最近の冷却ジェルマットは小さくたためるようになっているので、粗大ゴミに引っかかることなく、普通の燃えるゴミとして出すことができると思いますが、あまりにも厚みがある、という場合には粗大ゴミになる可能性があります。

どっちなのかわからない、という場合はご自身のお住いの自治体に確認してみたほうが確実です。

[ad#co-1]

 

保冷剤やアイスノンの捨て方は?

夏は冷却ジェルマットの他にも暑さの対策として保冷剤を使ったり、アイスノンを枕にして寝たりする人もいますよね。

保冷剤やアイスノンはどのように捨てるのでしょうか?

保冷剤の捨て方

ケーキを買った時などに入れてもらう保冷剤。

保冷剤はそのまま燃えるゴミとして捨てることができます。

しかし保冷剤は自宅でもけっこう使い道はあります。

例えば、冷凍庫で冷やしておいて、夏の日のお弁当に一緒に入れてたりもできますし、中身をリサイクルして、芳香剤として作り替えたりすることができるので、意外と使い道はあるんです。

保冷剤から芳香剤を作る動画をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

ただし、一部の市町村では燃えないゴミに分別してるところもあるようなので、自分のお住いのゴミ分別ルールを確認して起きましょう。

 

アイスノンは燃えないゴミ

アイスノンはプラスチック製品として扱われます。

プラスチック製品は大体の地域では燃えないゴミとして分類されています。

しかしこちらも市町村によってプラスチックの分類が違うので、お住いの地域のゴミ分別ルールを確認しておいたほうが良さそうです。

 

さいごに

夏に活躍する冷却ジェルマット、保冷剤、アイスノンなどの捨て方を改めてみてみると、住んでいる地域で分類がまちまちですね。

最終的にはお住いの地域での分類を確認したほうが安心ではあります。

今はどこの地域でもゴミ分類は市町村のホームページなどに乗っているので、確認はしやすいですよね。

しかし、冷却ジェルマットは粗大ゴミになってしまうと処分にお金はかかりますから、捨てるときのことも考えて購入するといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました