スコーンの生焼けはお腹壊す?生焼けの断面は?トースター電子レンジで焼き直しできる? | 毎日お役立ち情報ステーション

スコーンの生焼けはお腹壊す?生焼けの断面は?トースター電子レンジで焼き直しできる?

雑学
スポンサーリンク

外はサクサク、中はしっとりのスコーン。ティータイムにもぴったりの洋風画お菓子です。

しかし手作りとなるとなかなか難しく、外はちょうどよさそうなのに中が生焼けだったり、カチカチに固くなってしまったという失敗も少なくありません。

生焼けになってしまった場合、焼いたのだからとそのまま食べるとおなかを壊す可能性があります。

この記事では、

  • 生焼けのスコーンを食べたらお腹を壊す理由
  • 生焼けの場合の対処法
  • 生焼けのチェック方法

をご紹介します。

スコーンの生焼けはお腹を壊す可能性大!

中が生焼けといっても加熱したんだから食べられるだろうと思っていませんか?

生焼けを食べるとおなかを壊す可能性があります!なぜかというと日本人の胃腸は生の小麦粉を消化しにくいからです。

当然ほかの小麦粉を使っているお菓子で生焼けのものは食べるのを控えるようにしましょう。

生焼けっぽいな、と思った場合は、生焼け部分を除いて焼けている部分だけを食べたり、後述する対処法で生焼けをしっかり焼いてから食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

スコーンが生焼けのときはトースターではなく電子レンジ

せっかく焼いたのに生焼けのせいで捨ててしまうのはもったいないですよね。

オーブンは外側から熱を加えるだけなので、中まで熱が伝わる前に焦げてしまいます。トースターも同様です。

そこで、オーブンを使わずスコーンに熱を加える方法と再利用する方法があります。

電子レンジで加熱する

そこで電子レンジで温めるとうまくいきます。電子レンジは中から熱が通るので、生焼け部分に熱を与えてくれるんですね。

電子レンジは30秒~1分単位で少しずつ様子を見ながら温めていきましょう。あまり熱を通しすぎると今度は固くなってしまいます。

スポンサーリンク

スコーンが生焼けの断面

スコーンの生焼けのときの対処法をご紹介しましたが、そもそも生焼けにならないようにしたいですよね。

スコーンが生焼けのときの断面は、半透明でちゃんと焼けていないといった感じです。

しかししっとりしているだけかな?と思っても食べてみたら粉っぽい、小麦粉の味が強い、ということもありますので、判断は少し難しいかもしれません。

また断面はスコーンを切らないとわからないですし、粉っぽい、小麦粉の味がするかどうかは食べないと判断できない方法なので、さけたほうがいいです。

そのため焼けた後にスコーンが生焼けでないかどうかのチェック方法をいくつかご紹介します。

スコーンが膨らんだ時の厚みをみる

スコーンは焼くと縦に膨らみます。膨らみの差は焼く前と焼いた後で1.5倍~2倍ほどになりますので、その厚みをチェックしてみてください。

生焼けの場合は平べったいままになります。

つまようじを指してみる

竹串やつまようじでスコーンの中心部をさしてひきだしたときに、生地がついてつく、しめっぽいといったことがあれば、生焼けの可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

スコーン作りは膨らまない、ザクザクとした食感がないなど失敗もしやすいお菓子です。ひとつずつの工程をしっかり忠実に行うと失敗が少なくなりますよ。

もし失敗して生焼けだっとしても食べずに電子レンジで温める方法を行ってみてくださいね。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました