トマトに白い筋があるのは食べられる?原因や対策できることは? | 毎日お役立ち情報ステーション

トマトに白い筋があるのは食べられる?原因や対策できることは?

トマト 雑学
スポンサーリンク

トマトと言えば赤!

そんなの当然じゃん!と思いきや、切ってみたら中に白い筋が!

見た目も中も赤い、というのは周知のことですが、そんなイメージが覆えらされることが起きるとびっくりですよね。

また、このトマトは食べられるの!?と心配にもなります。

結論から言えば、中に白い筋があるトマトでも食べることはできます。

しかし、味はあまりおいしくはないかもしれません。

 

なぜ赤いはずのトマトの中が白いのか?その原因を解説します。

トマトの中に白い筋があるのはなぜ?

赤いはずのトマトの中になぜ白い筋ができるのか、その原因はいくつかありますが、主な原因として2つあります。

ひとつは、「アミ果」と呼ばれる現象です。

これは、水分不足や栄養不足によっておこる現象で、天候不良で高温になったり乾燥したりで、成熟期に水分不足や土の乾燥での養分吸収が不十分になってしまったために起こります。

トマトは意外とデリケートな野菜で適切な管理が必要なんですね。

 

そしてもうひとつはカメムシによって吸汁されたことによる被害です。

カメムシは植物や果実を吸汁する害虫で、トマトも例外ではありません。

カメムシによって吸汁されたトマトは外からは種が透けたように白い斑点のようになり、中身がスポンジ状になってしまいます。

またカメムシの嫌な臭いがついているので、カメムシの仕業だとわかるでしょう。

トマトの中が白いものは食べられる?

では、中に白い筋が入ったトマトは食べられるのか、と疑問ですが、食べることはできます。

水分不足などの原因の場合は、単純にトマトの栄養不足、水分不足によるものなので、カビとは異なります。

そのため食べることはできるのですが、栄養不足や水分不足のため、味はあまりおいしくはないでしょう。

少し味見をしてみて、食べられないようなら残念ですが、廃棄してしまいましょう。

 

カメムシ被害のトマトは、中身がスポンジ状になってますので触ると柔らかく、カメムシの臭いもついているので、食べられるような状態ではないでしょう。

しかし、中が白い筋のトマトというのは、ほとんど市場には出回らないものです。おそらく家庭菜園で生産されたトマトではないでしょうか?

トマトの白い筋は腐ってるのではないの?

本当にカビじゃないの?と思うかもしれませんが、トマトが腐ってくるときは外側から腐ってきます。

トマトは中からではなく、外側の赤い部分から緑色に腐敗し、そのうちカビが生えてきます。

トマトのヘタ部分には白いカビ、外側の傷がついたり、割れた部分からは黒いカビが発生してきます。さらに食べたときに酸っぱい臭いや味がした場合は、腐っている可能性が高いので食べないようにしましょう。

トマトに生えたカビは根深くなっている場合もあるので、カビの部分はしっかりと取り除いて食べるようにしましょう。

もし食べてしまったとしても、トマトのカビ自体に毒性はなく胃酸で消息されるレベルのため、少量であれば問題ありません。

最後に

赤いトマトが白かったらびっくりしますよね。

食べられないことはないですが、味はあまりおいしくありません。

中が白い筋のトマトは家庭菜園で作られたトマトであることが多いでしょうから、いただいたトマトである場合が多いと思います。

ですので、捨てるに捨てられない、と思うかもしれませんが、味はおいしくないですから、残念ですが捨ててしまったほうがいいでしょう。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました