歯を白くする方法中学生でもできる方法は?重曹は効果ある?即効性がある方法は?市販のホワイトニングや歯医者は?綿棒で掃除する? | 毎日お役立ち情報ステーション

歯を白くする方法中学生でもできる方法は?重曹は効果ある?即効性がある方法は?市販のホワイトニングや歯医者は?綿棒で掃除する?

雑学
スポンサーリンク

中学生ともなると見た目が気になったりしますよね。

しかし、まだお金を自由に使える年齢ではないため、なかなか高額のホワイトニングには手をだしずらいでしょう。

また大人はタバコやお酒などが原因となる場合もあるため、歯を白くする方法によっては大人には有効だけど中学生には有効でない場合もあります。

なるべくお金を使わずに手軽に歯を白くする方法で適しているのは、

  • ホワイトニングの歯磨き粉

がいいかもしれません。

お金をかけてもよい場合は、

  • 歯医者でのホワイトニング施術
  • 自宅でのホワイトニンググッズを使う

というのがいいかもしれません。

自分の状況にあった方法を試してみましょう。

ここではいろんな歯を白くする方法をご紹介します。

中学生でもできる歯を白くする方法

思春期を迎える中学生になると見た目を気にすることも多くなってきて、歯の白さを気にする中学生のお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、中学生ですとまだ歯は成長過程にありますので、歯科クリニックなどでホワイトニング施術は歯のトラブルにつながる可能性があるので、控えたほうがいいでしょう。

そこで中学生でもできる歯を白くする方法をご紹介します。

マニキュア

爪のマニキュアもありますが、その歯版になります。

歯の表面にマニキュアを塗っていくだけで白くなります。手軽で即効性があるので、どうしても今日は歯の印象を良くしたいといった場合に有効です。

しかし、持続性が低く、うまく塗らないと村になったりはがれやすくなったりします。

またマニキュアを塗ったことで着色しやすくなるデメリットもあります。

歯医者で行うマニキュアの場合は、1~3カ月ほど効果が持ちますが、市販の歯のマニキュアはその日限りということが多いです。

ホワイトニング用の歯磨き粉

ドラッグストアや薬局などどこでも手軽に手に入れることができ、日常の歯磨きにプラスアルファのこともする必要がないので、簡単に行うことができます。

しかし、効果が出にくいことがデメリットとなります。また研磨剤入りの歯磨き粉は強く磨きすぎると歯の表面を傷つけ逆に着色がつきやすくなってしまいます。

また歯医者が行うホワイトニングと違い、着色汚れやくすみが取れる程度です。タバコやヤニなどの着色汚れが原因の場合は白くなる効果が感じられるかもしれませんが、それ以外の原因なのであれば、効果をほとんど感じられない可能性があります。

歯の消しゴム

シリコンゴムでできたチップのようなものに、研磨剤をつけて磨く方法です。

ただこちらも着色汚れが原因の場合に効果を感じられることがありますが、もともとの歯を白くしたいなら効果は薄いかもしれません。

また研磨剤によって歯の表面が傷つく可能性があり、それによってより着色しやすくなる可能性があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自分専用のマウスピースを作ってもらう必要があるので、一度歯医者さんへ行く必要があります。

スポンサーリンク

歯を白くする即効性のある方法は?

歯のマニキュアであれば、その日限りとはなりますが、即効性はあります。

しかし根本的に歯を白くしたい場合は、残念ながら即効性のある方法はありません。

毎日コツコツとホワイトニングを行うことで、理想の歯の白さを手に入れることができるでしょう。

また日ごろから歯を黄ばませないことも重要です。

食事の前に水を飲んでおく

歯に着色する食べ物を控えることは難しいので、食事をする前に水を飲んで置き口の中を湿らせておきましょう。

水が汚れをはじいてこびりつきにくくしてくれます。

もし水が飲めない状況であれば、舌を使って歯の表面を舐めておきましょう。

唾液は口の中の臭いのもとや汚れを洗い流してくれます。

歯を磨いた後は綿棒を使う

食事後に歯磨きだけで満足してしまいがちですが、時間があれば綿棒で歯の表面をこすりましょう。

歯磨きだけでは落としきれない着色汚れを綿棒で取り除くことができます。

スポンサーリンク

歯を白くするのに重曹は効果ある?

掃除や洗濯などにも使える重曹も歯を白くするのにも使えます。

やり方は歯ブラシに歯磨き粉を付けて、そこに重曹を振り、歯を磨くだけです。

重曹はどこでも手軽に手に入れられるので簡単に始められますが、重曹の研磨性が歯の表面を傷つける可能性があります。

また人によっては効果を感じられないこともあります。

スポンサーリンク

歯を白くするには歯医者?

自宅で歯を白くするには限界があるので、希望の白い歯に近づけたいなら、歯医者さんのケアが必要になります。

歯医者のホワイトニング施術には保険適用のものと適用外のものがあります。

適用外ではかなりの高額となってしまうので、中学生には難しいでしょう。また歯の成長にも影響を与える可能性もあるので、施術を行う場合は、歯医者としっかり相談してから行うようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

中学生の年齢はまだ歯の成長がある可能性があるため、可能であれば歯医者さんで相談して歯を白くする方法を試してみたほうがいいでしょう。

とりあえず自宅で手軽に歯を白くしたいなら、薬局や市販で買えるホワイトニング用の歯磨き粉に変えてみることが簡単ですね。

いずれにしろ、歯をあまり傷つけるような行為は行わないように注意しましょう。

雑学
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました