ワンオペ育児で共働きの人がやっている時短作業!過労で倒れるまえに対策を! | 毎日お役立ち情報ステーション

ワンオペ育児で共働きの人がやっている時短作業!過労で倒れるまえに対策を!

子育て
スポンサーリンク

子育てって大変ですよね。孤独なうえに、本来なら一番の理解者でもある配偶者が

蚊帳の外。。。悲しいかなそんなことはざらにあります(泣)・・・・が!

そんな現実でも、子育ても時間も待ってはくれませんよね。

 

そんな状況の中で、まず行うことは

・作業の洗い出し

・状況・環境の把握

・いらない家事の徹底排除

・作業の手間を極力減らすなどなど。

私の中で重要かつ負担を軽くした方法です。

時短作業をするための4つのステップ

作業の洗い出し。

なぜこれをやるかといいますと、一日を通して、自分が「何をどれぐらいやっている」のか自分自身がきちんと把握していないことが意外と多いから。

さらにいえば紙に文字で書き出してみた方が、より可視化され、自分の今の状況を整理することができます。(余裕があればこの時、最近よく聞くいわゆる、見えない家事も一緒に書き出してみてください!)

 

ではそれを踏まえて、次は状況・環境の把握です。

状況・環境の把握

エプロン姿の女性・白バック

例えば職場で問題が起きた時に、まず状況を整理してから「いつ、どこで、どういうことが起きているのか」を把握しますよね?

主婦にとって、職場と同じく家庭は作業場であり仕事場です。前に書いている可視化された

ものをみて、

  • 作業効率が悪いだけなのか
  • 協力者が必要な状態なのか
  • 無駄なことをしてはいないか
  • やらなくてもよいことに時間を割いてはいないか

などをよく確認してみます。

 

時間ごとのタイムスケジュール形式でもいいですし、朝・夕でどんなことをしているのかを箇条書きにしてみてもいいと思います。

 

いらない家事の徹底排除

状況をきちんと精査してみると、意外と「やらなくてもいい」余計なことを一生懸命

やっていることって意外とあるんです。

是非、探してみてください。そして思い切ってやめちゃいましょう!うん!(笑)

 

結果それをやめても困ることはほとんどないので、もしやめてその時不自由さを感じれば、またやればいいんです。とっても簡単。

作業の手間を極力減らす

ちなみにワンオペで私が一番大変だと感じていたのは、部屋の片付けです。

もともと床に物があることが苦手だったので、子どもたちが床にひたすらおもちゃをまき散らすことが苦痛で仕方なかったんです。

子どもだけに片付けをさせると収納から物があふれ、片付けの意味がまるでなかった。

 

なので、仕事のある平日は、大きめのカゴや袋などを用意して、不分別で入れ物に一気に片付けをして、休みの時や時間があるときに子どもと一緒に分別していました。

共働きのワンオペ育児のスケジュールは?

 

【一日のスケジュール】

5:00  起床                 8:00~17:00仕事

洗濯物を取り込む・たたむ      17:40  子どもお迎え

5:30  前日の食器の片付け          17:50  帰宅

朝食作り                                  18:00  宿題チェック

6:00  子どもたち・夫起床          18:30    夕食準備

6:30  朝食の後片付け            19:00  入浴

6:40  夫出勤                      洗濯回す

子どもの歯磨き・洗顔チェック    19:30  夕食・食器洗い

6:50  布団をたたむ             20:15  歯磨きチェック

洗濯の片付け                  布団敷き

7:00  自分の出勤準備            20:30  洗濯干し

部屋の掃除              21:00  夫帰宅

7:20  子どもの送り出し                夫の洗濯回す

幼稚園送り             21:40   就寝

7:30  出発

私の一日のスケジュールはざっとこんな感じです。

 

子どもたちのことは基本的に私が行い、夫には最低限、自分のことぐらいはこなしてもらっています。

共働きワンオペ育児の対処法は?

共働きのワンオペは基本的に配偶者の助けは借りられませんが、

「自分のことは自分で」を基本スタンスにします。

 

夫婦2人の子供をほぼ1人で請け負うのですから、協力はできなくともそれぐらいの

配慮はしてもらいましょう。

 

一緒に生活していくうえで、互いの協力が不可欠です。支え合う努力を忘れずに!

最後に

 

どんな状況でも、必ず終わりが来ます。近い将来、あなたの努力もいつか報われる日が来ます。

自分のためにも、家庭のためにもいまを思いっきり楽しむ!
これからも明るく、素敵な子育てを楽しんでいきましょう。

子育て
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました