しじみを砂抜きしないで冷凍したけど砂抜きができる方法をご紹介! | 毎日お役立ち情報ステーション

しじみを砂抜きしないで冷凍したけど砂抜きができる方法をご紹介!

生活
スポンサーリンク

しじみは冷凍すると旨み成分のオルニチンが4倍も増えるので、是非冷凍したいところ。

しかし、うっかり砂抜きしないで冷凍してしまった…

なんてこともあるんじゃないでしょうか?

 

冷凍=しじみが死んでしまう

つまり、砂抜きはもうできない、つまり使えない、と考えてしまいがちですが、安心してくだい。

スーパーで買ったしじみなら、一度砂抜きしてあるので、貝殻の内側に溜まった砂を出せば大丈夫。

ただし冷凍の状態でないと砂抜きは出来ないので、焦って解凍しないようにしてください。

冷凍する前の砂抜きは、水に浸けて放っておくだけなので簡単なのですが、忘れて冷凍しまっても砂抜きする方法はあるので安心してくだい。

冷凍しじみは、砂抜きをしたものを冷凍したなら、再度の砂抜きは必要ありません。

しかし、砂抜きをしないで冷凍してしまった場合は、砂抜きは必要ですよ!

しじみの冷凍後の砂抜きの方法!

<用意するもの>

冷凍のしじみ(解凍はしないでください!)

茶漉しかザル(丁寧にやるならキッチペーパーがあってもgood!)

 

①お湯を沸騰させる

作りたい料理に合わせた水量で!お味噌汁を作りたいならお味噌汁の水量で。

 

②沸騰したお湯に冷凍のしじみを入れ、一気に火を通す

この時しじみを解凍してしまっていたり、水から入れてしまうと口が開かず砂抜きができないので、必ず冷凍のしじみを沸騰したお湯に入れてください。

 

③しじみの口が開いたら火を止め、別のボウルに取り出す

ボウルに移す前に、お湯の中でゆすり洗いをして貝殻の中の砂を落とす。

口の開かないものは中に砂が残っているので捨ててください。

 

④お湯にしじみの出汁が出ているので、茶漉しやキッチンペーパーを使ってこしていく。

これで冷凍のしじみの砂抜きができます。

再冷凍すると腐ってしまうので、直ぐに調理して食べてください。

味は変わらないので美味しく食べられますよ。

失敗しない砂抜きのコツ!

とはいえ先に砂抜きしてから冷凍した方が使いやすいので失敗しない砂抜きのコツを紹介します。

 

・しじみは重ならないように並べ、吐き出した砂に当たらないようにする

ザルとボウル(またはバット)を使い、吐き出した砂の受け皿を作り、水はしじみが少し顔を出す程度に入れてください。

せっかく吐き出した砂をまた吸い込まないようにするためです。

 

・砂抜きするときは、1%の塩水につける

しじみは淡水と海水の入り混じったところに生息しています。

住んでいた環境に合わせてあげることで良く砂を吐き出します。

 

真水でも砂は吐き出しますが、1%の塩水に入れると旨み成分を作り、より美味しいしじみになります。

1%の塩水は、水500mlに塩小さじ1(5g)です。

 

・暗いところで保存

しじみは暗いところの方がよく砂を吐き出します。

表面に新聞紙などをかけて薄暗くしておきましょう。

温度は夏なら冷蔵庫へ、冬なら室温のところに置いておくといいですよ。

 

・時間は3〜6時間を目安に。砂抜き済みでも1時間はつける

ゆっくり砂を吐き出すので時間に余裕を持ってつけてください。

砂抜き済と表示されていても残っていることがあるので30〜1時間ほどつけておくと安心です。

 

砂抜きをすると、しじみは弱ってしまうので早めに使うか冷凍用保存袋に入れて冷凍しておくと、3ヶ月ほど持ちます。

 

しじみが安いときに多めに買って、砂抜きをして冷凍しておけば簡単にお味噌汁が作れるので便利です。

 

しじみのお味噌汁は二日酔いに良く効くので、お酒が好きな人は冷凍庫にストックしておくと助かりますよ!

 

まとめ:冷凍後のシジミの砂抜きは解凍のままでできる

しじみはとても美味しくて栄養があるので、スーパーなどで見かけたらつい買ってしまいます。

私は冷凍にしたほうが美味しくなると聞いて砂抜きを忘れて冷凍し、後日ジャリっとした味噌汁を飲んですごくショックを受けました。

 

今回紹介した方法が、私と同じ境遇の人の役に立ったら嬉しいです。

時間と手間はかかりますが、砂抜きを忘れず美味しいしじみを食べてくださいね。

関連記事:しじみの砂抜きはスーパーで購入しても必須! 失敗しないしじみの砂抜きの方法

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました