うなぎの温め方!トースターやフライパンでおいしく温められるワザ! | 毎日お役立ち情報ステーション

うなぎの温め方!トースターやフライパンでおいしく温められるワザ!

生活
スポンサーリンク

土用の丑の日や、お祝い事などのときに好んで食べられるうなぎ。

ふっくらの身と香ばしいタレとが合わさったうなぎは、

ご飯との相性も抜群です。

スーパーで買ううなぎ以外にも、最近はお取り寄せや、
テイクアウトでもうなぎを食べることが増えていますよね。

そんなうなぎですが、家にレンジがない場合、

どのようにして温めればいいのでしょうか?

ここではうなぎのトースターやフライパンを使った温め方について解説をしていきます。

うなぎのトースターでの温め方

うなぎですが、トースターでも温めることができます。

うなぎをトースターで温める際ですが、

以下のような手順で温めるようにしましょう。

  • ①うなぎをトースターに入るぐらいにカットをする
  • ②アルミホイルをトースターの中に敷く
  • ③うなぎの皮目を上にして2分ほど加熱をする
  • ④うなぎの皮に焦げ目がついたら、ひっくり返して加熱する

このようにすれば表面がカリッと香ばしく焼けたうなぎが完成します。

うなぎをひっくり返す際には、フライ返しを使うと、
身が崩れないでうなぎをひっくり返すことができます。

アルミホイルを使う際ですが、
うなぎを包まなければこのように表面をカリッと仕上げることができます。

しかし、中にはうなぎはふわっとした温め方の方が好きという人もいるでしょう。

その場合は、うなぎの皮目を下にして、
アルミホイルで包んで同様に加熱をすればOKです。

その際に、料理酒を2,3滴
うなぎにかけるようにしましょう。

そうすることで、うなぎの身に水分が加わりふわっとした食感で温めることができます。

どちらにするかは好みですので、
好きな温め方を試してみてくださいね。

うなぎのフライパンとアルミホイルを使った温め方

うなぎですがトースターが使えない場合、
フライパンとアルミホイルを使った温め方もあります。

フライパンとアルミホイルを使う場合ですが、
以下のような手順で温めるようにしましょう。

  • ①フライパンにアルミホイルを敷く
  • ②皮目を下にしてうなぎを乗せる
  • ③中火で少し焦げ目がついたら、弱火にして温める

フライパンでうなぎを温める場合、
火加減が大事になります。

最初に中で全体に軽く焦げ目をつけた後、
弱火にするようにしましょう。

そうすることで、中でもしっかりとうなぎを温めることができます。

そのまま火が強いままであと、
表面だけ焦げてしまうことがあるので注意してください。

フライパンとアルミホイルを使った方法でも、
ふんわりとうなぎを仕上げる方法はあります。

トースターの時と同様に料理酒を2,3滴垂らした後に、
アルミホイルでうなぎを包んで
あとは弱火にすればOKです。

またアルミホイルで包まなくても、
フライパンの蓋を被せるでも構いません。

そうすることで、うなぎの水分が飛んでいかないので、ふわっと仕上げることができます。

温めたうなぎとご飯との相性は抜群です。

うなぎにはビタミンB1B2、ビタミンD、ビタミンE、そしてミネラルやカルシウム、
脂質などが多く含まれています。

これらの栄養は体の疲れを取り、
スタミナを回復させる効果があります。

うなぎは昔からスタミナ食として知られていましたが、
実際に栄養価から言っても疲れた体を回復させてくれるのですね。

うなぎは最近では世界中で多く食されており、
東南アジアでもスタミナ食として一般的となっています。

ぜひ暑い夏には美味しく温めたうなぎをほかほかのご飯の上に乗せて食べて、
元気に乗り切るようにしてくださいね!

まとめ:ふわっとおいしく温める方法でうなぎをおいしく食べよう!

うなぎをトースターやフライパンを使っても温める方法をご紹介しました。

せっかくのうなぎなので、なるべくおいしく食べたいですよね。

うなぎは栄養価も高く、世界中で注目をされているスタミナ食です。

ぜひうなぎを美味しく食べて、暑い夏を乗り切ってくださいね!

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました