腕時計が苦手!原因や対処法おすすめの腕時計を紹介!懐中時計はあり? | 毎日お役立ち情報ステーション

腕時計が苦手!原因や対処法おすすめの腕時計を紹介!懐中時計はあり?

生活
スポンサーリンク

今はほとんどの人がスマホをもっているので、腕時計で時間を見るということはしなくなっているでしょう。

しかし、状況によってはスマホで時間を見ることができなかったりするときは、その場にほかに時計がない場合、腕時計を持っていくしかありません。

なにかの試験の時なんかは、スマホを見ることは禁止でしょうから、腕時計を忘れないようにしないといけませんね。

そのほかにも腕時計を付けることで受ける印象が違ったりと、見た目に対する印象のために腕時計を浸けるという場合もあるでしょう。

しかし、腕時計をするのが苦手、腕に何かついている感覚が苦痛、という方もいます。

そのような場合はどうすればいいのでしょうか?対処法をいくつか探ってみました。

そもそも腕時計が苦手な原因は?

腕時計が苦手と感じる原因は、大きく3つあるのではないでしょうか。

  • 腕につく感触が苦手、金属アレルギーがある
  • 必要性を感じていない
  • 腕時計自慢

腕につく感触が苦手

腕時計の素材によっては重く感じたり、ベルトが汗ばんでくっつくのが不快、と感じることがあります。

普段腕時計はおろか指輪などもつけない人にとっては、なにかが腕周まわりにあるというだけで心理的に縛られているような感覚を持つ人もいるのではないでしょうか。

もちろん腕時計をつけなくてもいい環境なのであれば、無理に腕時計をつける必要はないと思います。

しかし、仕事などでどうしても腕時計を浸けなければならない状況であれば、つけていてもなるべく不快にならない素材の腕時計、軽い腕時計を選びましょう。

必要性を感じていない

社会人になったからなんとなく腕時計をつけなければいけない、と感じる人はいるのではないでしょうか。

高級腕時計を付けているのはステータス、といった風潮も少なからずあるでしょう。

たしかに仕事の環境によっては、スマホで時間を確認するよりも、腕時計で時間を確認するほうがいい場面や人によっては「腕時計をしていない人は時間にルーズ」と思う人もいなくはありません。

初対面の人ならば第一印象が大事ですから、そのような場面でマイナスなイメージを持たれないようにすることが大事な時があるでしょう。

しかし、よくよく考えてみたら、仕事でもプライベートでも、腕時計をしないことによって特にマイナスなことにはならないのであれば無理してつける必要はないのではないでしょうか。

必要性のないものにはお金を払いたくないですしね。

腕時計自慢にうんざり

高額な腕時計を身に着けると、その人の財力がわかることがありますし、それによってステータスを自慢したいと思う人がいるでしょう、

ただ単純に腕時計が好きで、自分の好きなものを他人におすすめしたいという人もいるでしょう。

腕時計が苦手な人にとっては、高額な腕時計を購入する意味がわからない、と感じることもあると思います。

しかし、いずれにしても個人の価値観は人それぞれです。

ただ単に、自慢をするジャンルが自分とは違う、好きなものが自分とは違うという違いを認識し、適当にスルーしておきましょう。

腕時計が苦手だけどつけないといけないときのおすすめの腕時計

腕時計が苦手だけどつけないといけない、という場合におすすめの時計をご紹介します。

重くて汗ばむのがいや

腕時計を長時間つけていると重く感じる、汗ばんでくるのが嫌という方には、チタン製の腕時計がおすすめ。

チタンはとても軽く、さらっとした質感なので汗で張り付く感じもしません。

また金属アレルギーを起こしにくい素材なので、金属アレルギーのある方にもおすすめです。

同じような見た目で、ステンレス製の腕時計がありますが、こちらはチタン製に比べて重く金属アレルギーを起こしやすい素材です。

しかしチタン製と比べて発色が良く重厚感があるので、高級時計によく使われています。

とにかくお金をかけたくない

腕時計をつけなくてはいけないけど、とにかく安いものがいいというなら、チープカシオがおすすめ。

カシオ計算機で有名なカシオの腕時計で、価格は1,000円台のものからあります。

かなり安いですが、シンプルな見た目で薄くて軽いです。安いので、丁寧に扱わないとという気苦労もないですよ。

つけてる感触が気持ち悪い

腕時計のベルト素材はいろんな種類があるので、自分の好みに合うようなベルトを探して見ましょう。

素材によって気持ち悪かったり、心地よかったり個人によっての違いがあります。

またぶらぶらと余裕を持たせてつけると、余計に腕になにかがついている感覚がでるので、ピシッと締め付けたほうが違和感がなくつけられるのではないでしょうか。

それでも気持ち悪いならば、つけ慣れるしかありません。普段何もつけていない状態が普通なんですから、それに比べたら必ず違和感はあります。

日常生活で使える機能が搭載したものをつける

ビジネスシーンの腕時計でなければならない、ということでなければ、アップルウォッチなどの時計以外の機能を搭載している腕時計をつけると必要性が見いだせるかもしれません。

アップルウォッチは種類にもよりますが、SuicaやPASMOなどの電子決済や心拍数計測などができるので、通勤時やスポーツのときにも役立ちます。

時計確認以外の付加価値がついていることで、腕時計をつける必要性がより感じられるのではないでしょうか。

腕時計が苦手なら懐中時計もあり?

腕につけるのが嫌なら懐中時計だったら、腕につけないからいいのでは?という発想もあるでしょう。

懐中時計の鎖をベルトにかけたり、スーツの内ポケットに入れたりするのが一般的です。

しかし、懐中時計を持っている人はなかなか見かけないため、持っているだけで目立つでしょう。

営業をしていて、取引先との話題のネタになるということもあるかと思いますが、懐中時計を持っていることが珍しがられるので、少し変わった人、という印象を持たれる可能性もあります。

その「変わった人」というのがプラスに働く場合もあれば、マイナスに働くこともあるでしょう。

あまり注目を集めたくないのであれば懐中時計という選択肢はやめたほうがいいでしょう。

まとめ

腕時計が苦手でもどうしてもつけないといけない場面になった場合には、自分の苦手な原因を認識し、なるべく負担にならない素材、重さの腕時計を身に着けるようにしましょう。

もしくはアップルウォッチなど時計を見るだけでなく、日常生活のいろんな場面で使える機能が搭載しているものであれば、つけているのも苦にならないかもしれません。

いずれにしろ、普段腕時計を付けていない人が腕時計をつけることは少なからず違和感を感じます。

なるべく自分に合った腕時計をつけて、腕時計を付けている感覚に慣れていきましょう。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました