知立市 かきつばた祭りの見ごろは?交通手段はどれが無難?

お祭り
スポンサーリンク

毎年4月の終わりから5月の終わりまで、私の地元ではかきつばた祭りが開催されています。

かきつばたの花が咲く間、ずっとお祭り期間中です。八橋かきつばた庭園(調べる際、無量寿寺や八橋日吉山王神社でも出てきます。みな同じ敷地で隣接しています。)というところでやっています。

伊勢物語でも出てくるし、在原業平がここに訪れて「かきつばた」の歌を詠んだと有名です。尾形光琳が屏風に書いたかきつばたの絵のモチーフもここです。それから、京都のお土産菓子で人気の八ツ橋の名前の由来の土地でもあります。

 

家からすぐでもあるので、物心つく前かずっと行っているし、ずっと見てきました。お祭り期間中、窓開けると、庭園の入り口前にあるお茶屋さんでポン菓子を作って売っているのですが、その甘い匂いが漂ってきます。あーこの季節が来たと思います。あと、その期間中の休日のお昼は、母からお金もらってお祭りのときだけ開いてる売店でみたらし団子とか五平餅とか買って食べてました。ここのみたらし団子と売っている地元の和菓子屋さんの和菓子が美味しいので大好きです。

 

いつも母の日に本祭をやるのですが、小学校のときは子ども会で参加していました。お神輿を好きな形(ポケモンとか好きなキャラだったり、お社にいっぱい花つけただけのものだったり)にみんなで作って、当日法被着て鉢巻・団扇してお神輿担ぎながら町内を練り歩きます。休憩中にお菓子とジュースもらえるのが楽しみでした。子ども会ごとにお神輿の形が違います。

この日ばかりは出店も人もすっごい多いです。本祭以外にも、日によって、ミスかきつばたの撮影会、写生大会、大茶会などがありますし、地元の中学の和太鼓部や婦人会の箏曲の演奏が見ることもできます。

 

お花は、ここ数年の花の咲き具合があまりにひどいです。

5、6年前まではびっしり、いっぱい生えて咲いていたので、沼の地肌なんて絶対見えませんでした。お茶室で昔のかきつばたがいっぱい咲き誇っていたときの写真が見れるので、それを見ればよくわかります。今は病気にやられて大半が枯れてしまい、株数が激減。すっかすかです。沼が丸見えです。かきつばたの歴史保存会の方がいつも尽力して頑張って下さるのですがなかなか…でも、今年は県知事の助力もあってか、去年よりは良くなりました。

元気に咲いている株が多くなっていました。最近、咲くのが早いので、25日と少し早めにお祭りやっています。見頃も大体5月初め〜中頃です。本祭やる頃にはもう少し過ぎたかなという感じです。
20歳過ぎてからは、毎年庭園内にあるお茶室臙子庵でお運びやお手前やらさせて頂いています。私がついている師匠がここでお茶席当番を毎年当番を請負い、やっています。

期間中ずっとやっていて、他の先生方も代わる代わるやっています。先生によってお道具や飾ってあるお花が違うので面白いです。

お茶室からもかきつばたの花が見えるので、いい風景見ながらお茶が楽しめます。日本文化ならではの良い趣ある経験ができます。中学生の子たちが部活動の一環でやっている日もあります。あと、たまにひょっこり…お偉いさん方がいらっしゃいます。市長だったり、県知事だったり、議員さん、秘書さん…今はもう慣れましたが、最初はひやっとしました。お茶席は政治の歓談場だというのを改めて思い知ります。

 

お茶室だけでなく、お墓がある方にも野点のお茶席があります。座敷ではないので椅子と机でごく簡単なお席です。

日陰で涼しく、暗いけれどもお花を間近で見ながらお茶とお菓子が頂けます。そちらもまた違う趣で良いお茶が楽しめます。

いつもここでのお茶席の休憩で頂く、煮しめの混ぜご飯が大好きです。鶏肉と人参とこんにゃくとたまに筍を甘辛く煮て、炊いたご飯に混ぜたものです。それとたくあん漬けだけだけれど、すっごい美味しいので、毎年これが楽しみです。みんな美味しいととても好評です。市役所から着ていた若い男性の方は4、5杯おかわりしていました。そのくらい美味しいです。昔ながらで変わらない味で懐かしいです。売店でも売っているそうです。

かきつばたの花以外に、時期によっては藤の花や桜、歴史も深い場所なので色々楽しめるお祭りです。ひともとススキ(お願いしながら片手で結べると願いが叶うとか)にチャレンジするのも面白いかも。保存会の方がボランティアでガイドやっているそうなので声をかけてみると案内してくれたり、パンフレットを下さいます。

 

交通手段

名鉄三河線(豊田方面)三河八橋駅から徒歩5分ほど、知立駅からは市内循環バスミニバス2コース(パープルコース)でかきつばた庭園前で降りれば2分ほどで行くことができます。

駐車場もあります。平日は無料、休日祝祭日は有料です。

バスツアーでどばってくることもあるので公共交通機関を利用する方が無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました