お盆にお墓参りに行けない場合はどうすればいい?対処法をご紹介 | 毎日お役立ち情報ステーション

お盆にお墓参りに行けない場合はどうすればいい?対処法をご紹介

生活
お墓にお供えされた綺麗な花
スポンサーリンク

故人やご先祖様と会える大切な場所、お墓。

お盆にはお墓参りに行きたいですが、距離の問題、天候の問題、都合がつかない、体調がすぐれない、など、行けないこともあると思います。

そんな時、どのように対処すればいいでしょうか?

 

先に結論を言ってしまうと、下記の4つの方法で対処ができます。

  • お墓参りは時期をずらしても問題ない
  • 近くに住んでいる親戚にお願いする
  • 墓参り代行サービスを利用する
  • 故人やご先祖様への感謝の気持ちが一番のご供養となる

それぞれ説明していきますね!

お盆にお墓参りに行けない場合のマナー

「亡くなった人も大切だけど、生きている人の方が大切!」

私の母の口癖です。確かにその通りだと思います。

お盆にお墓参りに行けないことを心苦しく思うかもしれませんが、無理をしてまで行く必要はありません。

お盆にお墓参りに行かないからといって、故人やご先祖様の怒りをかうようなことはありません!

体調が優れない方はなおさら、自身の体を優先すべきです。

とは言っても、故人やご先祖様のことをすっかり忘れて過ごすのはいただけません。

お墓の近くに親戚がいる場合は、お墓参りをお願いしてみるのも一つの手です。

 

また、一般的にお墓参りに行くとされる日は、お盆以外にも、春・秋のお彼岸、年末年始、故人の命日、などがあります。

これらの日に都合をつけてもいいと思います。

その他に、人生のふしめに合わせて行くのもおすすめです。

進学が決まった時、就職が決まった時、結婚が決まった時、子供が生まれた時など。

いい報告が聞ければ、きっとご先祖様も喜んでくれると思います。

 

それでも、どうしてもお盆にお墓参りに行けないことが気になる方や、色々な事情で長期間お墓の管理が出来ない方には、「お墓参り代行」というサービスがあります。

お墓参り代行の基本的なサービスはこのようなものです。

  • 墓石の前で合掌礼拝
  • 清掃前の状況の写真撮影
  • 雑草抜き
  • 墓石の掃除
  • 線香台・水鉢・花台等の清掃
  • 献花・お線香をあげ、合掌礼拝
  • 清掃後の写真撮影
  • 撮影した写真と作業レポートを依頼主へ報告

 

基本プランの値段は、8000円~20000円程度。

(広いお墓の場合、追加料金がかかる可能性があります。)

お墓参り出来なくて心苦しく思っている方には、おすすめのサービスです。

以外にも楽天市場でお墓代行サービスを購入できたり、

あとはくらしのマーケットなんかがいろんな地域でのお墓代行があるので、自分の地域対応の代行が見つかりやすいです。

 

お盆のお墓参りに行けない時は感謝と供養の気持ちをもとう

私が小さい頃、お盆休みに父と一緒に虫を取りに行った時のことです。

「お盆にはご先祖様が生き物の姿になって帰ってきているかもしれないから、虫を取ってもすぐに戻してあげるんだよ。傷つけてはいけないよ」

と教わりました。

私は小さいながらその不思議な話にとても感動したこと覚えています。

今思えば、父もその話をしながら大切な故人を想っていたのかもしれません。

そして自分が親になった今、子供達にも同じように教えています。

 

また、お盆には、きゅうりやなすに割りばしを刺した置物を見かけることがありますよね。

一般的に、きゅうりで作ったものは馬に見立てて精霊馬(しょうりょううま)、なすで作ったものは牛に見立てて精霊牛(しょうりょううし)、と呼ばれます。

精霊馬でご先祖様をお迎えし、精霊牛でご先祖様をお送りすると言われています。

 

お墓参りに行けなくても、故人やご先祖様はいつもあなたを見守っています。

特にお盆の時期は、馬や牛に乗って・・・、はたまた、きれいな生き物になって・・・。

近くに来てくれているかもしれません。

お盆にお墓参りに行けない時は、故人やご先祖様を想って手を合わせましょう。

故人やご先祖様から教わったことに感謝し、これからの生活に活かしましょう。

それが一番のご供養です。

まとめ

お盆にお墓参りに行けない場合の対処法をご紹介しました。

一番よくないのはお墓参りをすることをないがしろにしてしまうことです。

どうしてもお墓参りに行けないならご紹介したいずれかの方法をとってみてくださいね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました