夏休みの留守番の過ごし方は?小学生ママのリアルな声と対処法をご紹介! | 毎日お役立ち情報ステーション

夏休みの留守番の過ごし方は?小学生ママのリアルな声と対処法をご紹介!

生活
スポンサーリンク

子供たちにとって楽しみな夏休み。

子供にとったら夏休みは天国であり、早く来て欲しいと思っているでしょう。

ただその反面、小学生ママにとっては夏休みは困りものです。

 

いつもは学校に行ってくれているおかげで、自分は仕事に行けているという人も、

一日中家に子供がいる夏休みだとどうしたらいいんだろうと考えてしまいます。

 

小学生の子の場合、夏休みの留守番はどうすればいいのでしょうか?

 

ここでは、夏休みの留守番の過ごし方や対処法について解説をしていきます!

 

夏休みの留守番は何年生から?

夏休みの留守番ですが、実際何年生から一人でできるものなのでしょうか?

結論から言えば、子供によります。

 

一人が平気な子供でしたら小学四年生くらいから一人でも留守番ができるようになります。

 

ただ、一人が怖かったり、

お留守番が苦手な子は小学六年生になっても留守番ができないことも。

 

ですので子供の成長に合わせて徐々に慣れさせていく必要があります。

 

一人で留守番ができるのか?を判断するために、

夏休みになる前に一度お留守番の練習をさせて、

どのくらいならできそうかを確認しておく必要があります。

 

その際に、ゲームの動かし方や、DVDの見方、テレビの見方など、

自分で留守番の際にすることを覚えておくと良いでしょう。

 

またお留守番を始める頃からケータイを持たせるなどして、

いつでも親と連絡を取れるようにすることも大事です。

 

前もってお留守番の準備をしてどのくらいできるかを確認したら、

それに合わせて自分の仕事も調節するようにしましょう。

 

学校によっては学童保育もありますし、近所のお友達同士で、

話し合って遊ばせるという方法もあります。

 

一人で悩まず周囲の人に協力をしてもらいながら、

夏休みを乗り切るようにしてください。

 

夏休みの留守番のお昼ご飯はどうしてる?

夏休みの留守番で、もうひとつ悩みなのがお昼ご飯。

夏休みの留守番の場合、お昼ご飯はどうすることが多いのでしょうか?

 

多くの場合、以下のように対処することが多いようです。

 

お弁当を作る

 

あらかじめ、お弁当を作っておくことが多いですね。

 

事前にレンジの使い方を覚えておけば、

暖かいご飯を食べることができます。

 

お弁当には置き手紙などを残しておくことで、

子供でもしっかりと一人で食べることができますよ。

 

自分で作らせる

 

子供によっては自分でお昼ご飯を作ることも可能です。

 

特に小学校の高学年になれば家庭科で調理実習も行いますし、

ある程度の火の扱いには慣れて来ます。

 

また普段からお手伝いで料理をしている場合は、

むしろ自分で料理を作るのに興味がある子も多いでしょう。

 

そんな子には自分で作らせるというのも方法の一つです。

 

ただやはり火の扱いが心配という方は、

電子レンジを使うだけでできるレトルト食品を作らせたほうがいいでしょう。

 

電子レンジでしたら火傷や火事の心配も少ないので、

一人でも十分に作ることができますからね。

 

外食をさせる

 

お金だけを残しておいて、子供に外食をさせるという方法もあります。

ただこれはあまりおすすめはしません。

 

子供一人で出かけるわけですし、交通事故の危険性もあります。

 

どうしてもご飯の用意ができない場合でない限り、

コンビニのお弁当やレトルト食品を最低限残しておく方が良いでしょう。

 

宅配サービス

 

食事の宅配サービスを利用するという方法もあります。

 

地域によっては子供の見守りサービスも兼ねて、

お弁当の宅配サービスを行っている自治体もあります。

 

もしそのようなサービスがあるのであれば、

利用するようにしましょう。

 

ただインターホンに出るわけですから、

当然不審者がタイミングよくインターホンを押す可能性もあります。

 

それらの注意点をしっかり踏まえた上で利用するようにしましょう。

 

まとめ:子供の成長段階に合わせてお留守番の方法を決めましょう!

 

夏休みの留守番は、一人でできるかは子供の成長次第です。

 

夏休みの前に一人でお留守番をする練習をして、

どのくらいなら一人でも大丈夫かを確認したり、

事前に準備や対策をして慣れさせておくことが大切です。

 

また夏休みのお昼ご飯は、お弁当を用意するなど様々な方法があるので、

ご家庭に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

ぜひしっかりと安全に留守番させて、夏休みの乗り切るようにしてくださいね。

生活
スポンサーリンク
毎日お役立ち情報ステーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました